複数の見積もりで相場を確認して一番高く売る

不動産売却する時の「媒介契約」の選び方

媒介契約

家や土地をを売却する時には、不動産会社と契約を結ぶ必要があります。より高い価格で売るためには、契約内容も知っておきましょう。

売却を依頼する際に結ぶ契約を「媒介契約」といいます。契約形態には、一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約の3つがあります。

一般媒介契約

複数の不動産会社に同時に依頼できる契約。ほかに依頼した会社を明らかにするケースと明らかにしないケースがあります。複数の会社に依頼するので間口が広がります。

一般媒介契約では、自分で購入者を探すこと(自己発見取引)もできます。不動産のプロが売却する際には、この形態を好みます。売主に対する報告義務はありません。

一般媒介契約のメリット

  • 複数の会社に依頼できるため、広告の数が増える。

一般媒介契約のデメリット

  • 複数に依頼することにより、内覧の調整が大変。
  • どのような販売活動をしてくれているのかわかりにくくなる。

専任媒介契約

1社の不動産仲介会社にしか依頼しない契約です。仲介会社は売り主に対して、活動内容を2週間に1回報告する義務があります。

友人や知人に売るような自己発見取引の場合は、仲介会社を入れなくても契約することが可能。その場合は仲介手数料の支払いをする必要はありません。

専任媒介契約のメリット

  • 窓口が一元化できて、内覧の調整などはすべて任せておける。
  • 不動産会社が売主さんのための専属エージェントになり、一生懸命頑
  • 張る。申し込み受領後も焦らずじっくり交渉することができる。

専任媒介契約のデメリット

  • 自社で両手仲介を目指すと、広告量が減ってしまう。悪意がある会社だと売却情報を隠すことがある。

専属専任媒介契約

1社の不動産会社にしか依頼できない契約。売主さんに対して1週間に1回の売却活動の報告義務がある。また、友人や知人に売却する際は、仲介手数料が発生します。

専任媒介契約との違いは、自己発見取引ができないので、契約後に知人や友人に売ることができない点です。

一般媒介契約は、プロ向きの契約

一般媒介契約は、売り主側からしてみれば、多数の会社に依頼できることから間口が広がるというメリットはありますが、不動産会社側にはほとんどメリットはありません

たとえば、依頼される不動産会社は売主さんに売却活動の報告をしなくてもすむため、面倒くさがる会社は報告をしてくれない可能性があります

また、他社にも依頼されているため、不動産会社のモチベーションが低くなる場合が多く、「他社に先駆けて早く申し込みをもらおう」「申し込みをとったら、売主さんを早く説得して売らせよう」「価格は安かろうが申し込みを取るようにしよう」という傾向になりがちです。

一般媒介契約は、過去に不動産売買の経験があるプロ向きの契約で、普通の売主には適していない場合が多いです。

普通の売り主には専任媒介契約がおすすめ

信頼できる会社と担当に任せておけば、一番ラクに売却できるのが専任媒介契約といえます。活動内容を2週間に1回報告する義務があるので、売買活動状況も知ることができます。

また、専任媒介契約なら自社だけに任せてもらえるので、広告宣伝に費用をかけるなど販売活動に力を入れられます。

一方でデメリットもあります。依頼する不動産会社の営業方針によることがあるからです。両手仲介を積極的にやっているかどうかで、売り方が変わってきます。

家の『査定額』がすぐ分かる おすすめの無料一括査定サイト
自宅に居ながら、インターネットで家の売却査定額を調べる時の定番

不動産一括査定サイトって何?
これまで家を売る時は、初めて訪れた不動産屋さんで【訪問~査定~売却】までが普通の流れが普通でした。
しかし、不動産屋によって数百万~1千万円も査定額が違うこともありますので、複数社に査定を依頼していたらもっと高く売却できた可能性が高いです。

何件もの不動産屋に自分の足で訪問して査定依頼するのは大変です。「不動産一括査定サイト」は会社ごとに違いが出る査定額を、複数社に同時に依頼できる便利なサービスです。

リガイド
イエイ
提携会社数 600社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大10社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社ウェイブダッシュ

SBIグループの旧SBIライフリビング株式会社から分社し、現在は「RE-Guide」として㈱ウェブダッシュが運営している。2006年からサービスを開始した、運営12年目の老舗一括査定のサイト。不動産取引のプロが中心になって創設されており、投資物件や、収益物件の査定にも強い。個人の住宅、マンションからプロ御用達の物件まで、幅広い物件に対応。他社にはない専門知識を活かした、緻密な査定に定評がある。

リガイドの特徴
  • 旧SBIライフリビング株式会社から分社。運営12年目の老舗一括査定サイトの一つ。
  • 一度の申込みで、“最大10社”の査定額を調査してくれる。
  • 居住用物件の他、収益物件など投資物件に精通した不動産会社も多数参加。
イエイ
イエイ
利用者数 300万人
提携会社数 1,000社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 イエイ不動産売却査定

国内最多の300万人が利用している、不動産売却専門マッチングサイト。全国の1,000社以上の不動産会社の査定結果を即日に受け取れる。不動産の専門知識をもった専任スタッフが常駐しており、スムーズに売却できるようにサポート体制も充実している。

イエイの特徴
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • イエローカード制度があり、悪徳な不動産会社が排除されている
イエウール
イエウール
利用者数 1,000万人
提携会社数 1,400社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社Speee

国内最大級の不動産一括査定サイト。提携数は全国1,200社。誰もが知る最大手から、地場に強い中小まで数多くの不動産会社の査定を受けることが可能。累計利用者は1000万人。最大6社から無料査定を受けられる。

イエウールの特徴
  • 提携しいる不動産業者が1500社と他社に比べて圧倒的に多い
  • 「大手」から「中堅」「地方」の不動産会社にネットワークがある。
  • 利用者数が1000万人と一括査定サイトの中での実績がある。
town life 不動産売却
タウンライフ
提携会社数 300社以上
対応地域 全国
入力時間 最短60秒
運営会社 town life

提携している不動産会社は300社と他社に比べ少ないが、地域に根ざした地元密着の不動産会社が多いので強み。登録会社は厳格な審査基準をクリアした不動産会社のみ。 初めての不動産売却の人が分からない細かいこともメールで相談に応じてくれる。

タウンライフ不動産売買の特徴
  • 信頼できる300社以上の不動産会社に不動産価格一括査定が可能
  • 簡単入力60秒で無料スピード依頼。オリジナルの不動産売却査定書が届く
  • 売却に関するお悩み・不安を「メール」「郵送」「FAX」好みの方法の相談できる。