実家の相続税対策で土地・建物をかしこく引き継ぐ

実家をリフォームして親と子が同居する 高齢になった親を実家で1人暮らしさせるのは心配ですが、同居はお互いの生活を変えることになるので、なかなか決心できないもそういう意味では今回ののです。相続税改正が、同居を考えるきっかけ…

相続した実家をスムーズに売却するための手順と節税対策

不動産を売却して現金化するメリットデメリット 相続時の不動産対策として、土地や建物を売却したほうがいい場合があります。 どんな場合に売ったほうがいいのか、売却することで起こるメリット・デメリットについて考えつつ、どういう…

複数の不動産を、子供に相続させる時の対策

不動産活用を考え始めるきっかけや、主な目的は人それぞれで、各家庭の事情によって異なります。 ただ、不動産、という資産各上手に活かし、より有効に継続して活用していくためには、次の世代への引き継ぎ方まで含めて考えておくことが…

相続した空き家を「売る」「売らない」「相続放棄」のいずれかで選ぶ

人が住まなくなった親の家を次世代のために有効に活用する、といってもそもそも、有効活用の方法にはどういったものがあるのか、その中で自分の親の家にベストな方法はどれか、それを実行するうえでの問題点とは何か、といったことがわか…

土地の相続財産の評価方法「法路線価方式」「倍率方式」借地や貸宅地の場合は?

相続財産で一番多い土地は評価の方式が複雑 土地の評価は路線価方式と倍率方式 土地のうち、都市近郊にある土地は「路線価方式」で評価し、その他の土地の場合は、「倍率方式」で評価します。 路線価とは、路線(道路)に面する標準的…

相続税の改定後、節税対策に不動産を活用する

改定で持ち家と預貯金だけでも相続税の対象に 相続税の改定が決まり、2015年1月1日より施行されました。法人の国際競争力が低下し、税収も減ってきた昨今、法人よりも個人、特に資産家から税金を徴収しようというのがその最大の目…

親の家を相続する時に把握すべきこと(権利関係・建築関連書類・経済的負担等)

親の家を調べていくと親の気持ちも見えてくる 親の家を有効活用するには、まず親の家について詳しく調べる必要があります。調べることによって、自分のやるべきことがわかり、最適な方法を選択できるようになるのです。 また、自分の親…

不動産相続をしたらどうする?行政手続から土地売却まで【簡単解説】

まずは自分の相続した不動産の分類をする 不動産を整理する前に、どのような資産を持っているのかを正確に把握しておかなくてはなりません。まずは、自分の資産を客観的に分類してみましょう。 用途別なら、自分で住んでいる自宅、駐車…

相続した実家の「空き家」を売却する前に知っておくべき事

なかなか売れない郊外の家を売るには 7軒に1軒は空き家という現実、売れない郊外の家 全国の空き家は、2013年10月時点で820万戸、全国の住宅約6063万戸の13%強であることが総務省の調査で明らかとなっています。これ…

土地相続した時の「財産分割」の落とし穴

日本で1年聞に亡くなる方は約90万人。そのうち相続税のかかる人は5万人程度です。100件の相続のうち、5~6件が相続税の対象者ということになります。 この相続税のかかる人の財産の中では、不動産が約70%を占めています。現…
1 / 212