不動産会社にも専門分野が違うと畑違いになってしまう



不動産会社は様々な分野に細分化している

初めて家やマンションを売る時は、どこの不動産会社を選べばいいのか分からない方も多いでしょう。

家の郵便ポストに入っている新聞の折り込みに、不動産に関するチラシを見ても、どこがどう違うのかよくわからないと思います。

査定を依頼する会社、売却を依頼する会社が多すぎて、どう選んでいいのかわからない」という方も、まずは、不動産会社には、どのような分野があるのか知っておきましょう。

不動産業界には、取り扱う物件の特性によって、会社の得意分野などが多岐に分かれています。不動産売却を賃貸専門業者に依頼しても、より良い不動産売却は望めません。売買専門の業者だって、マイホーム専門や事業用物件専門などでも分かれています。

不動産の仲介会社は、大きく次の5つに分けられます。

  1. 分譲会社の系列の仲介会社
  2. 財閥系・大手の仲介会社
  3. マンションに特化した仲介会社
  4. 地域に密着した地元の仲介会社
  5. 不動産売却に特化した仲介会社

不動産会社も、専門分野が違うと、畑違いになってしまいます。自宅の家の売却する際は、⑤の不動産売却に特化した仲介会社を利用することになります。

営業担当者の経験やレベルを見極めるコツ

売却に対する会社ごとの取り組み方も重要ですが、それと同じくらい担当者選ぴが重要です。担当者選ぴのポイントは、しっかりコミュニケーションが取れ、自分と相性が合う人であることはもちろん、不動産取引のスキルや提案のレベルが高いかどうか、という点でしょう。

経験やレベルを見極めるには、担当者に質問する内容を用意しておくことです。「本当にこの査定額で売れますか?」という質問をするお客さんがいますが、本当にいくらで売れるかは、担当者にもわかりません。ですから、このような質問はあまり意味がないでしょう。

営業担当者のスキルが分かる効果的な質問例

  • 「どういったときに価格を下げますか?」
  • 「購入されるターゲットは、どのような人ですか?」
  • 「広告活動は、どの程度やってくれますか?」

初めてのことをする場合、慣れていないだけに、失敗なく終えることのほうが少ないでしょう。それは不動産の売却でも同じです。

上記の質問にちゃんと答えられない不動産会社には、安心して頼めない可能性がありますので、聞いてみましょう。

不動産の売却は、相場を知るためにも一括査定で、相見積りを。売却価格は、取引する会社によって数百万円の違いが出ます。

⇒ マンション・戸建て・空き家・土地の一括査定依頼が最短60秒で完了 » 不動産机上(簡易)無料査定

大手から地場の不動産会社が参加する イエイ。不動産の売却価格を提携している全国1000社以上の中から最大6社から比較・相見積り無料で受け取ることが可能。

1社のみに査定を依頼して売却を進めることがありますが不動産会社によって査定額はまちまちなので、複数社の査定を行うことは必須です。

イエイの特徴
  • イエローカード制度があり、悪徳不動産会社が徹底排除されている
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート

査定できる不動産会社は提携1000社の中から最大6社