不動産査定依頼は、机上(簡易)査定と訪問(詳細)査定を使い分ける

デスク



机上査定

机上査定は、不動産会社が実際に部屋を見ずに、だいたいの査定価格を出す方法です。具体的に売却を検討しているのではなく、おおよその価格を知りたいだけであれば、この方法で十分です。一般的には、査定書のような形で査定価格とその根拠を教えてくれます。

机上査定の方法は、各社さまざまです。過去の取引事例や新築分譲価格など、細かい項目を比較して、プラスマイナスをつけている会社もありますし、担当者の主観で、「だいたいこのくらいだろう」と価格を出してしまう会社もあります。

担当者が作成した査定を、その上司がダブルチェックするところもあれば、担当者の独断でお客さんにお伝えしてしまう会社もあります。

机上査定のメリット

自宅にいながら、インターネットやFAXを利用して、手軽に市場価格を知ることが出来る

机上査定のデメリット

机上査定額は、過去データから算出されたおおよその目安である。

訪問査定

訪問査定は、実際に不動産会社の担当者があなたの部屋を訪問し、室内の状況、眺望、日当たりなどを確認したうえで査定価格を算出するため、机上査定よりも細かい査定が可能です。

部屋の状態も判断材料の1つですから、より正確な価格と、詳しい販売方法を知りたい売主さんは、こちらを選ぶのがいいでしょう。通常は、机上査定の後に訪問査定を頼んで、より正確な査定価格を出してもらうというケースが多いです。

しかし、訪問査定は「電話などしつこい営業をしてくるイメージが強い」「不動産会社が来ていること売ろうとしていることが、他の部屋の人に知られそうでイヤ」などと考え、敬遠する人もいるようです。

訪問

訪問査定のメリット

立地、周辺環境、間取り、日当たりなど詳細に確認するので、正確な査定価格が分かる。

訪問査定のデメリット

実際にスケジュールを取り、営業担当者との直接対応が必要になる。査定が出るまで、日にちがかかる。

机上査定も訪問査定も担当者の主観が入っているものです。依頼した不動産会社、担当者によって査定価格にパラつきが生じことも頭に入れておけば、提出された査定価格を冷静に確認できます。

机上査定と訪問査定の使い分け方

まずは、机上査定でおおまかな市場価格を把握し、その後訪問査定で詳細に調べるのが、一般的になってきています。

訪問査定では、直接、営業担当者と交渉するので、物件のマイナスポイントや、周辺の物件との比較など不動産が持っている情報を聞くことが出来るので、準備しておくといいでしょう。

査定価格に影響するポイント

部屋の向き、状態、眺望によって成約価格が上下することは、頻繁にあります。特に眺望や状態は不動産会社の担当も内見をしないとわからないことがあるため、訪問査定との価格差があることもしばしばです。その場合は、その根拠をきちんと教えてもらいましょう。

特に中古の物件では、室内やバルコニーからの「眺望」で価格が大きく左右されます。部屋から見える景色や夜景が素晴らしい物件であれば、他の物件との差別化ができ、プラス材料となります。

また、室内が汚れている状態だと査定価格が下がります。次の購入者が入居時にリフォームが必要かどうか、必要ならその金額によって価格が下がってくる可能性があります。

できるだけ早くに売却を予定している人は、正確に価格を把握しておくためにも訪問査定を依頼することをおすすめします。

不動産の売却は、相場を知るためにも一括査定で、相見積りを。売却価格は、取引する会社によって数百万円の違いが出ます。

⇒ マンション・戸建て・空き家・土地の一括査定依頼が最短60秒で完了 » 不動産机上(簡易)無料査定

大手から地場の不動産会社が参加する イエイ。不動産の売却価格を提携している全国1000社以上の中から最大6社から比較・相見積り無料で受け取ることが可能。

1社のみに査定を依頼して売却を進めることがありますが不動産会社によって査定額はまちまちなので、複数社の査定を行うことは必須です。

イエイの特徴
  • イエローカード制度があり、悪徳不動産会社が徹底排除されている
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート

査定できる不動産会社は提携1000社の中から最大6社