リフォーム実例PR

リフォームをして部屋を広く使う

  実質的に床面積を増やすとなると、これは増築しかありえませんが、ここでは同じ広さでも「より広く感じさせる」あるいは「より広く使う」ためのプランをいくつか紹介しましょう。

リフォームで広く見せる・広く使う

①物を整理する

物が部屋を占拠していると部屋は狭くなります。特に雑然としていると、物理的にも雰囲気的にも狭く感じられるものです。リフォーム以前の問題とも言えますが、まずは物をきちんと整理することからはじめましょう。 リフォーム

②家具を入れ替える

家具の色を統一すると、煩雑な感じがなくなり、部屋全体が広々と感じられるものです。家具のタイプも天井まで届くような背の高い縦長のものではなく、腰レベルの低い横長のものに入れ替えると、家具を見上げる視線から見下ろす視線へと変わることで圧迫感がなくなり、同時に壁が天井と一体に見えるので広く感じるようになります。③壁と天井を同じ色でそろえる:::壁と天井の境目がはっきりしなくなることで、視覚的に広がりが感じられるようになります。同じ材を使、っと効果はさらに高まります。

④天井を高くする

部屋の面積が広げられなくても、小屋裏を見せ、天井を高くすることができます。天井が高いと、同じ面積でも広く感じるものです。もちろん、この工事はそれほど手軽なものではないですし、天井内に配管などがあると工事白体が難しいこともあります。

⑤天井高さにメリハリをつける

キッチンとリビングがつながっているような場合には、リビング側の天井を高くすると同時に、キッチン側の天井を逆に低くすると、リビングが広く感じられるようになるものです。さらに吊り戸棚が低くなり、キッチンの使い勝手がよくなるというメリットもあります。

⑥出窓をつける

ガラス面が却センチほど外側に移動するだけで、部屋に奥行感が生まれ、広く感じられるようになります。ただし、出窓の奥行きや窓台の高さによって床面積に算入される場合があるので注意してください。

生活スタイルで広く使う

当たり前のことですが、物を増やさないようにし、収納に必要なスペースを減らすことで居住スペースは増えてきます。意外とこの「物の整理」ができていないケースが見受けられますので、ご自分でチェックしてみてはいかがでしょう。 もうひとつの考え方は、ひとつの部屋をいろいろな用途に使うということです。昔の茶の間は、日中はちゃぶ台を置いてリビングに、布団を敷いてベッドルlムに、という使われ方をしていました。このように時間帯によって部屋の使い方を変えることで、ひと聞を有効に使うことができます。同時にベッドやソファーなどの場所をとる家具を使わないようにすると、スペースは格段に増えてきます。

業者が違うと、カーポートの見積もり額も変わってくる

リフォームを激安・格安にするには、相見積もりをとって、業者の費用を比較することです。

複数社を比較して、最適な優良業者に依頼する

相見積もりは自分でやると、手間と時間がかかります。また、優良な業者を見つけるのは難しいです。

悪質な業者に依頼してしまうと、質の悪い工事で、高い費用を支払うことになるかもしれません。

そこで、厳格に審査された『優良業者』が登録されている『一括見積もりサービス』を利用して、複数社の見積もりを比較するのがおすすめです。

複数のリフォーム会社から【リフォームプラン・見積もり】を、比較できる「一括見積もり」

リフォームで大切なことは、家の問題を解決する専門家のアドバイス。それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元のリフォーム会社まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 複数のリフォーム業者 から、【リフォームプラン 】と【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数のリフォーム専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良リフォーム会社から、無料でリフォームの【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の工務店まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト

完全無料!
複数社の見積もり比較/
タウンライフ記事下広告

リフォームを依頼しなくてもいい?
見積もりが来ても、正式にリフォーム工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社の見積もりを取り寄せてみましょう。
優良リフォーム業者300社が登録
登録企業
タウンライフ公式バナー
【PR】タウンライフ