保険相談を保険のプロにしてみる


保険相談をする保険ショップって?

保険ショップとは、来店型の店舗を構えた保険代理店の総称です。生命保険会社の商品を取り扱っている保険代理屈をこう呼ぶことにします。複数の保険会社を取り扱うことで中立公平な立場で保険選びができることはもちろん、必要保障額の算出から効率のよい保険選びのお手伝い、そして加入後のフォローや各種の請求手続きまでを一元で行うことができる、保険ショップはその唯一のチャネルです。

加入窓口(チャネル)と保険ショップの特徴を紹介する前に、生命保険を考える上で基本中の基本である、「そもそも保険とは?」ということに触れておきます。ひとくちに「保険」と言ってもいろいろな種類があります。民間の生命保険会社で販売している保険商品の選び方や考え方ですが、自動車保険や火災保険など民間の損害保険分野の商品も「保険」、また健康保険や厚生年金など公的保険制度も「保険」です。

来店型保険ショップの成り立ち

「保険」という言葉の意味は「たくさんの人でお金を出し合い(保険料)、もしもの時に補い合う」というようなことですから、生保も損保も公的保険も、保険であることには変わりないわけです。「保険」という言葉が出たときに、どの保険を指しているかはそのときの話の状況で判断することになりますが、実は、この辺を混同してしまう人は案外多いのです。

保険代理店が複数の保険会社の商品を取り扱うことを認められたのは1995年に保険業法が改正されてからです。これはいわゆる日本版・金融ビッグパンと呼ばれた時期のことで、覚えている方も多いかもしれません。当時、銀行・保険・証券各業界の、新規参入と市場の自由化を促進するため法改正が行われました。保険ショップが認められたのもその一環です。金融ビッグパンにより、外資系の金融機関が多数参入したり、生保会社が損保子会社を作ったり、あるいは損保会社が生保子会社を作る、というように市場が大きく変化しました。

また生命保険はそれまで、保険会社に勤める生保レディと呼ばれる営業職員から加入するのが主流の加入方法でした。一部の保険代理店やテレビCMや広告による通販方式もありましたが、それも一社の商品を販売する方式です。つまり、一社がひとつの保険会社の商品を販売をするのが普通だったわけです。生命保険会社が日本に初めて誕生したのは今から130年前ですが、それからずっと変わらぬ方式で販売してきた長い歴史の背景があります。ですから今でも、多くの人が生保レディなどの営業職員から生命保険に加入している状況があります。一方、保険ショップは生まれて日年というニューフェイスのチャネルです。

とくにこの10年で一気に急成長を遂げていて、来店型の保険ショップが全国に拡大しています。それまでは、営業職員に勧められる生命保険商品に加入するしかなかったものが、自分で保険ショップに行って相談したり、さまざまな商品を同時に見比べることが可能になりました。保険ショップは現在、小規模な代理屈から、全国に数百店を展開する大型店まで、多様なスタイルでの運営がなされています。そこには、試行錯誤を重ねて生み出された新たな手法やシステムなど、たくさんの努力の道のりがあります。また、日年というまだ浅い歴史の中で、かかえている課題もあります。

複数の保険会社の商品ラインナップを確保するためには、どの保険会社の商品も販売実績を維持し続ける必要があります。保険会社はどこも自社商品を一番に売ってほしいと、アピールしてきますので、各社との力関係やバランスを保つため、努力や交渉をし続ける必要もあります。またスタッフの教育体制や、コンブライアンス(法令遵守)に向けた取り組みも、自前で体制やノウハウを構築していかなければなりませんから、今後もまだまだ努力が必要です。それでも、保険ショップだけの特徴である、消費者が複数社の商品をその場で比較し選べるというメリットは非常に大きいものがあり、今後も拡大成長を遂げることになるでしょう。

結婚後、家族に残す必要保障額はどれくらい?

死亡時の必要保障額をきちんと把握しよう

保険の加入や見直しも必要保障額の把握から 夫(や妻)が亡くなった場合、遺族は、公的年金や貯蓄に頼って生活することになります。しかし、公的年金や貯蓄だけでは十分ではなく、遺族が生計を維持できなくなるときは、「死亡保障保険」などで備える必要があります。遺族の生活費や教育費などの必要な支出から、貯蓄や公的保障などでカバーできる収入を差し引いて計算した結果、不足があった場合、その不足分が備えるべき保障額、すなわち「必要保障額」ということになります。 仮に、不足がなかった場合は、死亡保障で備える必要はないというわけです。自分の必要保障額を正確に把握していなければ、今現在の保険が適切なものかどうか判断できません。保険の見直しゃ加入を検討する際には、できるだけ正確に自分の必要保障額を把握することが大切になるのです。①夫、②妻、③シングルという3つの異なる立場から、必要保障額の考え方を見ていきましょう。

夫の“死亡時の必要保障額”

「必要な支出 カバーできる年収」を計算する 一般的に、夫やシングルマザーは、家計を支える大黒柱。万が一のことがあったら、一家の主な収入源が途絶えてしまうことから、死亡保障への備えはきっちり考えておかなければなりません。 必要保障額は、万が一の場合に必要な支出から、カバーできる収入を差し引いて計算しますが、現状の生活水準や住まいの状況(持ち家か賃貸かなど)、子どもの有無や教育費の考え方などによって支出額は異なり、また、夫の仕事(サラリーマンか自営業者かなど)や貯蓄額、妻の収入の有無などによって収入額は各家庭それぞれ異なります。

必要な支出の考え方

生活費

遺族の生活費は、現状の生活費から夫の固定費を差し引いて計算します。夫の固定費は、食費や小遣い、さらに、酒代や通信費、車両費、保険料などが考えられます。実際に計算してみると、思った以上に夫の固定費が多く、現状の生活費に比べるとかなり減額されるというケースも少なくありません。 生活費に関しては、①子どもが独立するまでの生活費(目安:現状の生活費の7-8割程度)と、②子どもが独立してからの妻の生活費(目安:現状の生活費の5-6割程度)は別々に計算するようにしましょう。①においては、小さい子どもがいるご家庭の場合は、子どもの成長と共に生活費も増えることも想定して計算します。②の計算では、下の平均余命表などを参考にしてください。 なお、妻が専業主婦やパートタイマーなどで夫の扶養家族になっていた場合は、夫の死後、国民年金保険料(平成16年度保険料1万3300円)や国民健康保険料(所得金額や居住地域などにより異なる)などの社会保険料を支払う必要があります。

住居費

家族が賃貸住宅に暮らしている場合、妻の生涯にわたる住居費を確保する必要があるため、大きな費用になることが想定されます。住居費の計算は、家賃×年数(平均余命など一今の年齢) x 12カ月で計算します。 住居費は、夫が亡くなった後、確実に妻の実家に帰ることができるなど、個々の事情によっては不要になることもありますが、100%保証がない限りは、あまり当てにしないほうが賢明です。 また、持ち家の場合は、住宅ローンを組んでいたとしても、団体信用生命保険に加入していれば夫死亡後のローン返済は不要になります。現在の住宅ローンの平均額が約10万6000円ということを考えても、持ち家と賃貸とでは、必要保障額にかなりの差が出ると考えられます。ただし、持ち家の場合、家の老朽化に伴う修繕費や固定資産税なども考慮に入れる必要があります。

教育費

教育費の必要額は、子どもの人数や年齢によって異なります。そして、進路が国公立であるのか私立であるのかによって、さらに大きな差が生じてきます。教育費の目安を参考にすると、私立の学校にかかる費用は、公立に比べて、中学校では2.8倍、高等学校では2倍になります。さらに大学になると、国公立の年間授業料が一律、約52万円であるのに対し、私立の年間授業料は、文科系で約70万円、理科系で約95万円、医科・歯科系にいたっては約250万-350万円と、学科によって随分と差があることがわかります。子どもが小さい場合や進路が決まっていない場合は、予想で計算することになりますが、子どもの成長とともに進路がはっきりしてくれば、必要保障額も変化する可能性があるため、この額は定期的に見直しをするようにしましょう。

死亡整理費用、その他の費用

死亡整理費用には、葬儀費用や墓地費用などが考えられます。まず、葬儀費用は、地域や葬儀の規模によってかなり差があるようですが、全国平均では236万6000円と高額になっています。また、墓地費用も、墓地・墓石の種類や大きさ、地域などよって聞きがありますが、こちらも数百万円と高額になることが予想されるため、墓地が必要でかつ自己資金で準備できそうになければ、考慮しておかなければなりません。 より正確な必要保障額を計算するために、新聞の宣伝広告や折込チラシなどから、暮らしている地域の葬儀費用や墓地費用などの相場を、あらかじめ把握しておくようにしましょう。

参考サイト:保険相談無料口コミ・ランキング

結婚相談所で結婚相手を探す

結婚相談所の「なんだろう?」にお答えします!

そもそも結婚相談所ってどんなところ?

耳にしたことはあるけれど、実際にはどんなふうに便利に利用できるのかわからない人も多いことでしょう。

結婚相談所を端的に言葉にするとすれば、「男性及び女性の、将来を踏まえたお付き合いをサポートするために存在する企業」です。
そして、キーワードは「結婚」。

単なる男女のマッチングを行うのではなく、結婚を視野に入れた場合のお相手の見極めをアドバイスしたり、恋愛事情に疎い人達に対する具体的な指南も行ったりと広範囲に亘るバックアップを行います。

ただし、一言で結婚相談所といっても具体的にどのようなサービスを提供しているかという点については、一概には説明しきれないのが実情です。
それは各相談所が独自のサービス内容を設定し、他の相談所との差別化を図っているからというのがその理由。

したがって、イメージコマーシャルを見ただけでは、その相談所の特長を見定めるのは困難と言わざるを得ません。

その特長を正しく把握することで、最適な婚活に臨むことが適うのです。
どこかに絞る前のタイミングで、どの結婚相談所が信頼できそうなのかという情報収集を欠かさないように注意しましょう。

ただし、いずれの結婚相談所を利用したとしても、その道のプロフェッショナルが導いてくれるので安心です。

結婚相談所を使うメリットってなに?

あなたの周囲でゴールインした人達は、いったいどのようなお相手に巡り会えたのでしょうか。

もしかすると積極的に飲み会をセッティングして、ひたすらお相手を求めたのでしょうか。また、中には中学や高校の同級生というご縁で結婚した人もいるかもしれません。

様々な恋愛模様があったにせよ、映画のテーマになるようなドラマティック且つロマンティックな恋愛は非日常的で、間々あることではありません。
それは出会いに恵まれず、独身生活を余儀なくされている人が少なくないということからも計り知ることが出来ます。その一番の根底にある「出会いに恵まれない」という悩みを即座に解決してくれるのが結婚相談所なのです。

結婚を望む人の多くが、「眼鏡に適った人と、早く幸せになりたい」と考えていますが、その最初の一歩を確実に提供してくれることが最大のメリットと言えるでしょう。

結婚相談所に行けば結婚できる?

多くの結婚相談所が実績として公開している「成婚率」

どの結婚相談所にしていいのか迷ってしまう時、サービスの良し悪しを判断出来ない時などは各相談所の成婚率が判断の目安になります。
この成婚率、実は概ね50%が相場になっています。平たく言えば、「結婚出来る確立は半分」ということです。

すると「それって、相談する意味があるの?」と思われるかもしれません。
しかしながら、そもそも出会いに恵まれないからこそ、相談所を頼ってみようと決断。

更には、成婚に至るまでのサポートをしてもらうわけですから、成婚率50%というのは自力ではなしえないことと考えられます。
だとすれば、結婚相談所だからこその50%。
頼る価値は十分にあると言えるでしょう。

結婚が全てではないと理解していても、自分に適したパートナーに恵まれた人生を望む人は少なくありません。

その望みを叶えるべく結婚相談所に頼ることは、非常に合理的です。
あなたの「オンリーワン」を探すべく、様々なチャンス、広い選択肢を持つことは決して誤りではないのですから。

結婚相談所とその他の婚活方法

「実りある婚活をしよう」と思っても、実はその方法はさまざま。費用や割く時問、出会える相手のタイプなど、どの婚活の方法を選ぶかによって、すべてが異なります。ですから、Aさんにピッタリ合った婚活の方法であっても、Bさんにもおすすめできるとは限りません。

ひとりひとり性格や考え方が違うように、その人に合った婚活の方法があるのです。問題は、どの婚活が自分に適しているかを見極めること。ここを間違えると、せっかくの時間とお金がムダになってしまったり、遠回りになってしまったりします。

婚活の最終目的は、満足のいく結婚をすることですが、できれば最短距離でゴ1ルにたどり着きたいものです。そのためには、まずはどのような婚活の方法があって、それが自分に合っているのかを知ることからはじめるのがおすすめです。

結婚相談所・仲人

特徴

仲人やカウンセラーと呼ばれる人が聞に立って、結婚を希望する男女の相談に乗りながら、よりふさわしい相手を探して紹介する形。仲人が相談者の釣書一(プロフィール)を見て相手をみつくろうパターンと、相談者が結婚相談所で会員情報を検索して自分で相手を探すパターンがある。

費用の相場

各結婚相談所によってプランやシステムが異なるので料金にも幅がある。ちなみに平均的な価格は、入会金10万円・登録料3万円・月会費1万円~1万5千円・成婚料20~30万円。通常、相手を紹介するときに発生するお見合い料は5千円~1万円。

-どんな人が向いているか?

自己PRが苦手な人、条件を重視しつつ、背中を押されたい人、第一印象では本人のよさがなかなか伝わりにくい人、他人の意見を素直に聞き入れられる人、きめ細かいアドバイスが欲しい人。

結婚情報サービス

-特徴

オーネット、ツグアイ、ノッツェといった会社に代表されるように、会員になった人の情報を提供するのがメインのデータマッチング型。自分のプロフィールや相手の希望条件を伝え、お見合いをセツテイングしてもらう流れ。仲人は存在せず、アドバイザーのフォローも少ないところが多い。

-費用の相場

こちらも、会社やプランによって料金が異なる。相場は、入会金と登録料合わせ10万円~15万円、月会費1万円~1万5千円、

-どんな人が向いているか?

収入や身長など相手の条件を厳密に求める人、自分で婚活のぺ1スをコントロールできる人、「婚活している」ということに安心したい人、自力で婚活する気がある人。

婚活サイト

-特徴

エキサイト恋愛結婚、ヤフl縁結び、ブライダルネットといったサイトに代表されるように、インターネットで出会う、いわゆる「ネット婚」。結婚情報サlピスと異なるのは、自宅にいながら相手を探せる点。入会には身分証明の提出が必要なところがほとんど。

-費用の相場

入会金0円~1万円、月会費2千円~5千円、成婚料は不要。

-どんな人が向いているか?

メールでのコミュニケーションが得意な人、忙しくてほかの婚活をする時聞がない人、自力で婚活をする気がある人、気軽に始めたい人。

婚活パーティ

-特徴

エクシォ、パーティパーティに代表されるように、イベント形式で大勢の異性と知り合えるお見合いパーティのこと。ほかの婚活と路べて、相手のデータを事前に知ることがないため、直接会うところからスタートする。最近は、結婚願望のある子どもの親同土のパーティもある。

-費用

イベントの内容や参加者によっても異なる。相場は6千円i1万2千円。相対的に、男性より女性が金銭的には優遇されているケlスが多い。・どんな人が向いているか?一度に大勢の異性と効率よく出会いたい人、初対面の人と話すのが苦手ではない人、合コンや飲み会など楽しい場所が好きな人、見た目に自信がある人。

.注意点

参加者全員に結婚願望があるとは限らない。

合コン、知人の紹介

-特徴

知り合いを通じて紹介をしてもらったり、複数の男女が集まって食事をしたりする形。ネットワーク次第でチャンスに恵まれるかどうかが左右されるため、運や環境による部分も大きい。必然的に、年齢を重ねると減ってくるものでもある。

費用

相手の職業や立場、出会う場所にもよるのでケースバイケース。ワリカンの場合と、女性がごちそうになる場合があるが、これも男性の職業や立場、年齢などによって変化する。気軽なので、遊び目的で参加する人やパートナーがいる人も多く、結婚には結びつきにくい。

-どんな人が向いているか?

第一印象がいい人、コミュニケーション能力の高い人、異性だけでなく向性ウケもいい人、チームプレイができる人、ホスピタリテイのある人。

習い事・趣昧の集まり

-特徴

共通の趣味や習い事を通じて男女が知り合いになり、交際、結婚へとステップを踏んでいく流れ。作為的な「出会い」は苦手という人に人気。最近は「お料理合コン」や「フットサル合コン」など趣味と実益を兼ねたものがあちこちで企画されている。

-費用

対象となる習い事や趣味によって異なるが、反対に「1ヶ月、いくらくらいまでなら投資できる」という具合に費用を設定しやすいため、相応の範囲内で活動できるというメリットも。

-どんな人が向いているか?

自然な流れで異性と出会いたい人、初対面での自己PRが苦手な人、時間をかけてじっくり人柄を知り合いたい人、夫婦で共通の趣味を持ちたい人。以上が、今どきの代表的な婚活のそれぞれの婚活に方法です。次に、ついて、今まであまり語られてこなかった、婚活ビジネスの本音とカラクリについて、お話ししたいと思います。

結婚相談所 ツヴァイの口コミ