築20年30年の古い家は改築できる?

古い家の外装・内装をリニューアルするだけで大丈夫?

築20年、30年と年月を経た住宅は、それまでにメンテナンスなどを怠っていると、外観、内装ともに傷んできます。親や祖父母の代から住み続けたそんな家を、リフォームしてキレイにしたいと考えている人は多いようです。

外観や内装をリニュlアルすることは、もちろん可能です。状態によっては壁や屋根の改修が必要になることもありますが、新築を建てるより低い予算でできるでしょう。

構造体、つまり柱や梁をそのまま使うのであれば、自分が子供のころにつけた柱の傷なども残せますから、リフォームのよきであるところの「思い出を残しながら新しい生活をはじめる」ことが可能になるわけです。

リフォーム

今、はやっている全面リフォームがウリにしているのも、まさしくこの点です。しかし、せっかく外装や内装をキレイにしても、肝心の構造部分に問題があるようでは、リフォーム後も建物は長もちしません。問題がある場合は、まずそれを補修することを考える必要があります。そうしなければ、リフォームの「夢」の部分も「砂上の楼閣」になってしまうのです。

構造部分に問題がないかチェックする

具体的にどこをチェックするかですが、大まかには、まず「構造上の老朽度」、そして「雨漏りの有無」「壁内結露の有無」「シロアリ被害の有無」「構造上の欠陥および手抜き工事」などといったところです。

いずれも構造に関わる大事な部分ですが、実際にこれらをチェックするとなると、多くの障害が出てきます。構造上の老朽度については、新築時の図書類がそろっていれば、ある程度推測できます。しかしながら築20年、30年となると、図書類が残っている可能性はほとんどないのが現実です。すると、実地での目視、あるいは器具類を使った調査ということになります。

壁などを壊さずに柱や梁をチェックするには、床下収納の部分から床下に入ったり、点検口から屋根裏に入ったりします。築部年くらいまでの建物なら、多くはこの方法がとれますが、築50年くらいの建物の場合は、畳をはがして見ることになります。

いずれにしても、壁を壊さない範囲での目視では、確認できることも限られてきます。柱が室内にむき出しになっている真壁ならいいのですが、大壁などをきちんとチェックしたいときは、その壁も張り替えるという前提で、古い壁を全部剥がしてしまうこともあります。

こうなってくると、工事前のチェックにもある程度の予算が必要です。リフォームしてまで住み続ける価値をあまり見いだせない家だとしたら、その費用負担もパカになりません。さらに、チェックが完壁にできないということは、工事後の建物の「工事以外の部分」に対する保証はできないということです。

それでもリフォームをするかどうか、その判断は建築主にゆだねられています。特に古い建物のリフォームには、建築主の自己責任があるということを覚えておいてください。

【合わせて読みたい】

リフォームを機に家の耐震性をチェックする

業者が違うと、リフォームの見積もり額も変わってくる

築年数・施工業者が違えば、家に設備しているのメーカーや年式も全く違ってきます。それによって、たとえば【「キッチン水栓交換」は○○円】と、はっきり言い切れません。また、リフォーム業者によっても見積もり費用、請求額は変わってきます。

まずいくらかかるのか? 複数社から見積もりをとって、比較することをおすすめします。

自分で探して、見積もり依頼するのは大変ですが、今はネットを使えば簡単に複数社から見積もりを取ることができます。

複数の【地元優良リフォーム会社】から、 一括見積もり

リフォームで大切なことは、家の問題を解決する専門家のアドバイス。それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元のリフォーム会社まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 複数のリフォーム業者 から、【リフォームプラン 】と【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数のリフォーム専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良リフォーム会社から、無料でリフォームの【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の工務店まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト