複数の見積もりで相場を確認して一番高く売る

土地の有効活用のメリットは「安定収入と固定資産税対策」デメリットは「流動性の低下」

土地の活用

土地の有効活用のメリット

有効活用のメリットとして金融機関や建築会社など有効活用に関連している会社等から勧められる理由を、1つずつみてみましょう。大きく3つあります。

①安定収入になる

まず挙げられるのが、安定収入になることでしょう。何もせずに遊ばせていた土地から、長期的に安定して毎月家賃収入が入ってくることが魅力です。

②固定資産税対策に怠る

土地の固定資産税は、住宅用地と非住宅用地に分けられており、住宅用地は課税が軽減されています。敷地面積200㎡以下の住戸であれば通常の6分の1に引き下がります。

③相続対策になる

相続財産評価上は、土地は貸家建付地といって、所在している場所にもよりますが更地時よりも約20%引き下がります。また、建物は建築費の約60%引き下がり、その後年数を重ねるにつれさらに減額されていきます。

『安定収入になる」のポイント

上記では、有効活用には安定収入というメリットがあることを述べました。このメリットについて、気を付けるポイントは何なのでしょうか。それは、「本当に安定的に収入を得られるの」という点に尽きます。「収入がある」という点だけではなく、「いくら入ってくるのか」という点も非常に重要です。賃貸住宅は建てた瞬間から減価が始まります。

古くなっていくわけですから当然といえるでしょう。減価に応じて家賃収入も下落するというのが当然の考え方になりますが、過去のインフレ経済下においては、この考え方は馴染みにくく一般的ではなかったといえます。

家賃保証で気を付ける点

また、関連会社が家賃を保証するという一括借上やサブリースと呼ばれている家賃保証という制度にも、重要なポイントがあります。なかには20年や30年保証という会社もありますが、この「保証」が支払い期間を保証しているのか、支払金額まで保証しているのかで大きく異なります。

つまり支払い期間を保証しているだけでは、金額は「確定されていない」ため変動する可能性があるということです。

建物は減価していきますから、対価としての賃料も下がると考えるのが妥当です。そう考えると、安定収入を得るためには家賃保証制度に頼りきるのではなく、将来的な家賃下落幅が少なくて済むよう、建築前の市場調査などを十分に行うことが重要といえます。

「固定資産税対策になる」のポイント

有効活用を行うことで「固定資産税対策になる」というメリットについて気を付けるポイントは何でしょうか。

固定資産税lま土地、建物双方にかかる

確かに、土地の固定資産税は、住宅用地であればー住戸あたり200㎡以内であれば6分の1に減額される制度があります。この点ではメリットがあるといってよいのです。ただし、それは「土地だけ」の話です。共同住宅を建てると、新規で建物を取得することになります。では、これら建物の固定資産税などはどうなのでしょうか。

実際は建物にも固定資産税がかかります。建築する建物の内容によって、新築後3年、5年といった期間は軽減されるような特例もありますが、建物はもっと長持ちする資産です。つまり長持ちして評価されている期間中は建物の固定資産税がかかり続けるのです。

建物の修繕コスト

さらに、建物の保有コストは固定資産税だけではありません。入居者の退出に際しては内装費もかけなくてはならないし、中長期的には屋根や外壁の塗替えや補修などの費用も生じます。これらは建てたことによってできた新しい支出項目です。

結論的には、土地の固定資産税が6分の1になっても、それ以外に建物の固定資産税や建物の修繕費が生じるため、安くなった分が全額得になるわけではないのです。これらの「増加する支出」も意識して、それ以上に儲けるために何をするべきか、という点が重要といえるでしょう。

「相続対策になるJのポイント

有効活用メリットの3番目として、「相続対策になる」ということを挙げました。このメリットについて気を付けるポイントは何でしょうか。

相続対策は様々な要素を考慮する

土地の有効活用を図ると相続財産の評価額は引き下がります。この点ではメリットがあるといえます。しかし、これだけでは少々強引な解釈といわざるを得ません。

そもそも年間相続発生件数約90万件のうち、相続税がかかる数は約5瞳盟万件ほどでしかないのです。割合でいえば、全体の約5-6%ですから、まず自分がそれに該当するかを検討する必要があります。

次に、評価をいくら程度引き下げる必要があるのか、という点も検討する必要があります。また、有効活用によって評価を引き下げても納税財源が不足しないように納税財源対策も重要ですし、評価を引き下げた賃貸物件をどのように遺産分割すればよいのかという財産移転対策まで気を配らなければなりません。

相続対策とは、単に評価引下だけ行えばよいという簡単な話ではなく、それこそ広範囲に及ぶ対策が必要なのです。

このようにみてくると、有効活用に関するメリットにも、気を付けなければいけないポイントがあることに気治宝付きます。それでは、有効活用から得ることができる本当のメリットとは一体何でしょうか。

土地の有効活用の本当のメリットとは

土地の有効活用のメリット、それは、収益性向上です。土地の有効活用は投資であり経営ですから、収益性が向上しないのであれば、実行する価値がありません。「何もしない」という選択肢を選ぶべきでしょう。

場合によっては、儲かるかどうか不安だということもあります。これは当然の不安です。この場合には、その不安要素を1つずつ解消していけばよいのです。

また、収益性向上の結果として、相続への効果もあります。ただし、この相続への効果を単独で考えるならば、投資型年金やそのほかの手法でも同様の効果が得られます。さらに有効活用の実行が相続全般へ悪い影響を及ぼす危険性があることも認識する必要があることはすでに述べたとおりです。

収益性向上を主目的に

有効活用は主目的を収益性向上におき、いかに儲けるかという基準で行うべきです。そのためには、市場調査や投資分析などを儲ける手段として行い、その儲けるための手段を実行した結果として、副次的に相続設計にも効果があると考えるべきです。

収益性向上を主目的とし、いかに儲けるかを追求する、その結果として相続設計への効果もある、ということが有効活用のメリットでした。

土地の有効活用のデメリットとは

それでは反対に、有効活用のデメリットは何でしょうか。確かなデメリットは、売りたい時に売ることができ、分ける時に分けやすいというような不動産の流動性が著しく低下することです。

ではなぜ、それがよくないのでしょうか。流動性が低下すると、急に資金が必要となった際に換金しにくいため、別途で現預金を用意しなければならないという問題が起こります。また相続にあたっては、売却や物納などが行いづらく、納税財源としては機能しにくいということ、さらに相続時に相続人同士で分けづらくなることもあります。

デメリッ卜の解決には

有効活用を行うメリットの1つに収益性向上がありました。この収益性に着目することが、デメリット解決にもつながります。例えば、向上した収益を金融資産として積み立てておくという手法も考えられます。もちろん積立方法も、その目的に応じて預貯金以外にも生命保険なども大いに活用するべきでしょう。

納税財源として、共同住宅の対象地以外の不動産を物納や売却ができるように整備することも、解決手法の1つです。有効活用対象地の流動性が低くなる分を、そのほかの財産で補うということです。

また、有効活用を行う不動産とは別の不動産を組替えて、対応する方法もあります。具体的には売却や交換を行い、流動性を高めておく方法です。

土地の有効活用の進め方

有効活用は5段階に分けて考えます。建物は一度建てると、気軽に壊せる財産ではありません。そのため建築前の検討事項が大切なのです。

第一段階

まず、有効活用の目的を明確にすることです。「何のために」有効活用を行うのか、また収益を「何に」「いくら」使いたいのかをイメージします。その金額により投資規模と活用手法が変わります。

第二段階

第一段階の目的に沿った具体的手法を選択します。土地を貸すのか建物を貸すのかということや、そもそも対象地は何に向いているのかということを検討します。

第三段階

建築前に様々な事項を検討します。土地が共有になっている、借地・底地になっているといったことや、また相続設計への影響もこの段階で検討する必要があります。

第四段階

有効活用を経営として考えます。経営ですから、誰が借りるかという市場分析を行い、それに合わせて間取・設備などの方向性を決めていきます。この段階で資金調達法や収益性の考察もします。

第五段階

建築後の管理・運営面を考えます。建物や入居者の管理やトラブル対応、管理会社の選び方や法人成り等も検討材料になるでしょう。

家の『査定額』がすぐ分かる おすすめの無料一括査定サイト
自宅に居ながら、インターネットで家の売却査定額を調べる時の定番

不動産一括査定サイトって何?
これまで家を売る時は、初めて訪れた不動産屋さんで【訪問~査定~売却】までが普通の流れが普通でした。
しかし、不動産屋によって数百万~1千万円も査定額が違うこともありますので、複数社に査定を依頼していたらもっと高く売却できた可能性が高いです。

何件もの不動産屋に自分の足で訪問して査定依頼するのは大変です。「不動産一括査定サイト」は会社ごとに違いが出る査定額を、複数社に同時に依頼できる便利なサービスです。

リガイド
イエイ
提携会社数 600社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大10社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社ウェイブダッシュ

SBIグループの旧SBIライフリビング株式会社から分社し、現在は「RE-Guide」として㈱ウェブダッシュが運営している。2006年からサービスを開始した、運営12年目の老舗一括査定のサイト。不動産取引のプロが中心になって創設されており、投資物件や、収益物件の査定にも強い。個人の住宅、マンションからプロ御用達の物件まで、幅広い物件に対応。他社にはない専門知識を活かした、緻密な査定に定評がある。

リガイドの特徴
  • 旧SBIライフリビング株式会社から分社。運営12年目の老舗一括査定サイトの一つ。
  • 一度の申込みで、“最大10社”の査定額を調査してくれる。
  • 居住用物件の他、収益物件など投資物件に精通した不動産会社も多数参加。
イエイ
イエイ
利用者数 300万人
提携会社数 1,000社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 イエイ不動産売却査定

国内最多の300万人が利用している、不動産売却専門マッチングサイト。全国の1,000社以上の不動産会社の査定結果を即日に受け取れる。不動産の専門知識をもった専任スタッフが常駐しており、スムーズに売却できるようにサポート体制も充実している。

イエイの特徴
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • イエローカード制度があり、悪徳な不動産会社が排除されている
イエウール
イエウール
利用者数 1,000万人
提携会社数 1,400社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社Speee

国内最大級の不動産一括査定サイト。提携数は全国1,200社。誰もが知る最大手から、地場に強い中小まで数多くの不動産会社の査定を受けることが可能。累計利用者は1000万人。最大6社から無料査定を受けられる。

イエウールの特徴
  • 提携しいる不動産業者が1500社と他社に比べて圧倒的に多い
  • 「大手」から「中堅」「地方」の不動産会社にネットワークがある。
  • 利用者数が1000万人と一括査定サイトの中での実績がある。
town life 不動産売却
タウンライフ
提携会社数 300社以上
対応地域 全国
入力時間 最短60秒
運営会社 town life

提携している不動産会社は300社と他社に比べ少ないが、地域に根ざした地元密着の不動産会社が多いので強み。登録会社は厳格な審査基準をクリアした不動産会社のみ。 初めての不動産売却の人が分からない細かいこともメールで相談に応じてくれる。

タウンライフ不動産売買の特徴
  • 信頼できる300社以上の不動産会社に不動産価格一括査定が可能
  • 簡単入力60秒で無料スピード依頼。オリジナルの不動産売却査定書が届く
  • 売却に関するお悩み・不安を「メール」「郵送」「FAX」好みの方法の相談できる。