複数の見積もりで相場を確認して一番高く売る

土地活用の「種類」と「特徴」とは?

「事業ニーズ」と「土地適性」が合致しているか?

長期にわたって利用されていない「未利用地」や周辺地域の利用状況に比べて利用の程度が低い「低利用地」は、節税対策や収益力向上のために土地活用を検討する必要があります。

しかし、ひと口に土地活用と言ってもその種類は多く、いずれの手法にも一長一短があります。土地活用成功の分岐点は、「事業ニーズと土地適性が合致しているか否か」にあります。そのため事業と土地の特徴をしっかり理解する必要があるのです。

土地活用の「種類」と「特徴」を比較する

主な土地活用の「種類」と「特徴」は、次の通りとなります。

①賃貸住宅(マンション・アパート等)

最もポピュラーな土地活用法です。節税効果や安定収入が見込めますが、需給バランスが崩れた地域も多く、競合物件の増加等の理由から成り立つ立地は限られます。

②賃貸駐車場、資材置き場

コインパーキングや月極タイプが主流です。初期投資額も少なく(立体駐車場以外)、他への転用も容易なのでひとまず駐車場にしたり、周辺ニlズがあれば資材置き場も可能です。ただし、これらの土地活用は節税効果がないため、実質的な収入は少なくなります。

③商業用ビル・オフィスビル

商業地やオフィス街で適した土地活用です。テナントが埋まれば安定収入が見込めますが、初期投資額が大きく、賃料下落や空室率等、景気の影響を受けやすい傾向があります。

④ロードサイド店舗

賃貸住宅と並ぶ代表的な土地活用法です。幹線道路沿いや郊外を中心に、物販庖舗や飲食庖、ガソリンスタンド等に賃貸します。商業庖舗のため、景気の影響を受けやすく撤退もあり得ます。

固定資産税等の保有税の減額がないので、実質的な収入は少なくなります。その他にも、現在急増中の「医療介護施設」、出資比率で土地と建物を交換する「等価交換」、今注目の信託を利用した「土地信託」があります。

土地活用の種類と特徴舗

土地活用の種類 特徴 メリット デメリット
賃貸マンション、アパート

住宅需要が見込める地域でのみ成り立つ

賃貸住宅経営が成り立つ立地は限られている

相続税対策効果がある

固定資産評価減がある

所得税軽減対策が可能

安定収入確保が狙える

空室リスクがある

初期投資額が多い

競合の影響を受けやすい

賃貸駐車場

コインパーキング、月極等がある

※都心部で立体駐車場等を行う場合は初期費用が大きくなる

初期投資額が少ない

他への転用が容易

管理が容易な場合がある

節税対策効果がない

実質収益が低い(税負担が大のため)

資材置場

立地選定を間違わなければ安定収入が狙える

まとまった土地の大きさが必要

初期投資額が少ない

他への転用が容易

郊外エリアでも可能

節税対策効果がない

実質収益が低い

オフィスビル、商業用ビル

周辺がオフィス街や商業地である場合に成り立つ活用法

相続税対策効果がある

所得税軽減対策が可能

安定収入確保が狙える

固定資産評価減がない

初期投資額が大きい

景気の影響を受けやすい

ロードサイド店舗

幹線道路沿いや郊外を中心とする活用方法

まとまった土地の大きさが必要

相続税対策効果がある

所得税軽減対策が可能

安定収入確保が狙える

固定資産評価減がない

初期投資額が大きい

景気の影響を受けやすい

医療介護施設

医療や介護サービスを中心とする施設による活用方法

土地活用を通じて社会貢献ができる

相続税対策効果がある

所得税軽減対策が可能

安定収入確保が狙える

建築資金助成金がある

固定資産評価減がない

初期投資額が大きい

建築上の制約が厳しい

定期借地権

定期借地権は用途や契約期間により3種類ある

住宅系、介護系、商業系など幅広い用途の事業が可能となる活用方法

資金がなくともリスクを負わずに活用できる

課税繰延で譲渡所得税がない場合もある

相続税対策効果がある

土地の所有権が出資比率に応じた共有持分となる

等価交換

所有地上に共同事業者が建築費等の事業費を出資してマンションやオフィスビル等を建設。出資比率に応じて土地と建物を等価で交換

資金がなくてもリスクを負わずに活用できる

課税繰延で譲渡所得税がない場合もある

相続税対策効果がある

土地の所有権が出資比率に応じた共有持分となる

土地信託

土地所有者が信託銀行等に土地を一定期間信託し、管理・運用を委託して収益を得る

受益権の相続が可能

信託運営が煩わしくない

終了後は所有権が戻る

配当が確定しない

適した土地は限られる

家の『査定額』がすぐ分かる おすすめの無料一括査定サイト
自宅に居ながら、インターネットで家の売却査定額を調べる時の定番

不動産一括査定サイトって何?
これまで家を売る時は、初めて訪れた不動産屋さんで【訪問~査定~売却】までが普通の流れが普通でした。
しかし、不動産屋によって数百万~1千万円も査定額が違うこともありますので、複数社に査定を依頼していたらもっと高く売却できた可能性が高いです。

何件もの不動産屋に自分の足で訪問して査定依頼するのは大変です。「不動産一括査定サイト」は会社ごとに違いが出る査定額を、複数社に同時に依頼できる便利なサービスです。

リガイド
イエイ
提携会社数 600社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大10社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社ウェイブダッシュ

SBIグループの旧SBIライフリビング株式会社から分社し、現在は「RE-Guide」として㈱ウェブダッシュが運営している。2006年からサービスを開始した、運営12年目の老舗一括査定のサイト。不動産取引のプロが中心になって創設されており、投資物件や、収益物件の査定にも強い。個人の住宅、マンションからプロ御用達の物件まで、幅広い物件に対応。他社にはない専門知識を活かした、緻密な査定に定評がある。

リガイドの特徴
  • 旧SBIライフリビング株式会社から分社。運営12年目の老舗一括査定サイトの一つ。
  • 一度の申込みで、“最大10社”の査定額を調査してくれる。
  • 居住用物件の他、収益物件など投資物件に精通した不動産会社も多数参加。
イエイ
イエイ
利用者数 300万人
提携会社数 1,000社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 イエイ不動産売却査定

国内最多の300万人が利用している、不動産売却専門マッチングサイト。全国の1,000社以上の不動産会社の査定結果を即日に受け取れる。不動産の専門知識をもった専任スタッフが常駐しており、スムーズに売却できるようにサポート体制も充実している。

イエイの特徴
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • イエローカード制度があり、悪徳な不動産会社が排除されている
イエウール
イエウール
利用者数 1,000万人
提携会社数 1,400社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社Speee

国内最大級の不動産一括査定サイト。提携数は全国1,200社。誰もが知る最大手から、地場に強い中小まで数多くの不動産会社の査定を受けることが可能。累計利用者は1000万人。最大6社から無料査定を受けられる。

イエウールの特徴
  • 提携しいる不動産業者が1500社と他社に比べて圧倒的に多い
  • 「大手」から「中堅」「地方」の不動産会社にネットワークがある。
  • 利用者数が1000万人と一括査定サイトの中での実績がある。
town life 不動産売却
タウンライフ
提携会社数 300社以上
対応地域 全国
入力時間 最短60秒
運営会社 town life

提携している不動産会社は300社と他社に比べ少ないが、地域に根ざした地元密着の不動産会社が多いので強み。登録会社は厳格な審査基準をクリアした不動産会社のみ。 初めての不動産売却の人が分からない細かいこともメールで相談に応じてくれる。

タウンライフ不動産売買の特徴
  • 信頼できる300社以上の不動産会社に不動産価格一括査定が可能
  • 簡単入力60秒で無料スピード依頼。オリジナルの不動産売却査定書が届く
  • 売却に関するお悩み・不安を「メール」「郵送」「FAX」好みの方法の相談できる。