複数の見積もりで相場を確認して一番高く売る

土地の有効活用で資産運用の考えておくべきこと

土地の活用

土地所有者が抱えている様々な悩み

  • 「土地活用に失敗した人を多く知っているので行動できない」
  • 「老後に備えて土地活用したいがやり方がわからない」
  • 「空き地の固定資産税が高額で大変だ」
  • 「土地相続のトラブルを避けたい」
  • 「農業しているが後継者がいない」

地主さんの多くはこういった悩みを抱えています。土地や不動産の価格は、景気が上向いてきている大都市圏においては既に下げ止まり、あるいは上昇しているところすらあります。

価格が上昇していると言えば聞こえは良いのですが、いわゆる含み益ですので、売却しなければ利益は出ません。評価額が上昇するにともなって、固定資産税、相続税など税額も大きくなるので、住むために所有しているなど、売却を気軽に考えることができない土地や不動産の価格が上昇するのは、メリットよりもデメリットの方が大きいのです。

土地活用に失敗した地主さんの教訓

空前の地価高騰をもたらしたバブル期の昭和60年代は、1年で地価が倍近くになるという時代でした。

地主さんはそういった状況の中で、相続税がいくらになるかわからないという不安に駆られ、建築業者たちに煽られるがまま、数億円もの借金をして賃貸マンション・アパートを建てました。

不動産の評価額を下げて、相続税額を少なくする節税行為に走ったのです。
そして、相続が終了してから賃貸マンション・アパートを売却すれば、相続税を少なくできて、さらに売却益が得られると考えたのです。
しかし、バブルは崩壊して不動産の価格が下落すると、莫大な借金が重くのしかかってきました。

バブル期にかかった高額な建築費を回収するために、デフレ状況下にあっても賃料を低く設定できず、入居者が付かない状況になったのです。
相続税対策とはいえ、マネーゲームとして土地を扱った結果、土地の有効活用という本来の目的を見失い、土地活用に失敗してしまったのです。
土地の有効活用とはどういうことか、この失敗を繰り返さないために、もう一度考えてみなくてはなりません。

住宅の供給過剰化

今なお都市部では、あちこちの再開発で高層マンションが建設され、郊外でもしばしば田畑が集合住宅に生まれ変わっています。少子高齢化が進み、人口が減少している中でも、こうして新築物件が次々と供給され続ける傾向がやみそうにありません。

住宅そのものの数が、全国ベースで世帯数を上回っているのです。これからますます住宅は余ってくることが予想されます。

そして、さらに重要なのは、世帯構成が大きく変化していることです。
学生や高齢者の一人住まい、結婚しない人の増加など、一人世帯がかなり多くなってきています。

また、新婚夫婦、老夫婦といった2人世帯も増加しています。古くから考えられてきた家という概念は破綻し、生活の便利さを最優先にした住空間が求められているというのが現在の状況と言えるでしょう。

借り手市場の到来

不動産を借りる時の選択は、立地条件や景観、内装の好みなどで借り主が決めるものです。

消費者が賢くなった現代では、一昔前のように、業者の言われるままに物件を押し付けられるという話は聞かれなくなりました。
いわゆる借り手市場の到来です。

家主にとって、入居者となるお客さんが何を求めているのか、満足してもらうにはどうすればいいのかを真面目に考えるべき時代となりました。
遊んでいる土地にアパートかマンションを建てておけば、誰かが勝手に借りてくれるだろうという時代ではなくなっているのです。
これはむしろ、真面目に不動産の有効活用を考える人にとっては、良い風潮だと言えます。

税金対策などではなく、借り手を考えた本当の不動産活用に取り組めるかどうかが、これからの勝負となるでしょう。
それでは、どのように不動産を活用すればいいのでしょうか。
資産家の区分によってそれぞれ異なった対策があるので、まずはご自分がどの区分にあてはまるのかを確認しましょう。

所有することだけが目的で、収益を上げることは後回しだった

これまでは、不動産を所有することだけに意義を見出し、投資家なら重視するはずの投資の収益性を重視しない人がほとんどでした。つまり、「この不動産に投資すると、いかに有利な運用ができて、どれだけお金が残るか」についてよく考えていなかったのです。

実際、相続税対策だからと必要以上に豪華なマンションを建築して、利回りを無視した結果、財産を失うこともありました。これは地主さんだけではありません。立派な不動産会社でさえ、買収したビルの運用成績よりも、ビルの有名さや立地の自慢を優先してしまい、大きな損失を出した例は多々あります。

今では収益性、現金収入を重視するキャッシュフローが注目され、運用の大事さが理解されるようになりました。しかし、不動産を所有することだけが目的という人も少なくはないようです。重要なのは、「収益性」「キャッシュフロー」「運用成績」であることをよく理解しましょう。

「不動産は売却したら失敗」という考えがあった

地主さんが土地を有効利用する場合、土地はあるものとして、建物の建築費だけを投資金額と考え、利回りを計算するのが普通です。しかし、本当はこれだけでは不十分です。

土地を購入すればお金がかかり、売却すればお金になるわけですから、土地の価格まで含めて利回りを計算すべきです。たとえばリート(不動産投資信託)に投資した場合には、2~5パーセントほどの利回りが得られます。そこで賃貸マンションも土地を含めて利回りを計算して、リートとどちらが有利かを考えることが大事な時代になったのです。

不動産の本当の利回りは、売ったときに初めて明らかになります。不動産投資をする場合は、投資信託と同様に、売却時を考えることがポイントです。

家の『査定額』がすぐ分かる おすすめの無料一括査定サイト
自宅に居ながら、インターネットで家の売却査定額を調べる時の定番

不動産一括査定サイトって何?
これまで家を売る時は、初めて訪れた不動産屋さんで【訪問~査定~売却】までが普通の流れが普通でした。
しかし、不動産屋によって数百万~1千万円も査定額が違うこともありますので、複数社に査定を依頼していたらもっと高く売却できた可能性が高いです。

何件もの不動産屋に自分の足で訪問して査定依頼するのは大変です。「不動産一括査定サイト」は会社ごとに違いが出る査定額を、複数社に同時に依頼できる便利なサービスです。

リガイド
イエイ
提携会社数 600社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大10社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社ウェイブダッシュ

SBIグループの旧SBIライフリビング株式会社から分社し、現在は「RE-Guide」として㈱ウェブダッシュが運営している。2006年からサービスを開始した、運営12年目の老舗一括査定のサイト。不動産取引のプロが中心になって創設されており、投資物件や、収益物件の査定にも強い。個人の住宅、マンションからプロ御用達の物件まで、幅広い物件に対応。他社にはない専門知識を活かした、緻密な査定に定評がある。

リガイドの特徴
  • 旧SBIライフリビング株式会社から分社。運営12年目の老舗一括査定サイトの一つ。
  • 一度の申込みで、“最大10社”の査定額を調査してくれる。
  • 居住用物件の他、収益物件など投資物件に精通した不動産会社も多数参加。
イエイ
イエイ
利用者数 300万人
提携会社数 1,000社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 イエイ不動産売却査定

国内最多の300万人が利用している、不動産売却専門マッチングサイト。全国の1,000社以上の不動産会社の査定結果を即日に受け取れる。不動産の専門知識をもった専任スタッフが常駐しており、スムーズに売却できるようにサポート体制も充実している。

イエイの特徴
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • イエローカード制度があり、悪徳な不動産会社が排除されている
イエウール
イエウール
利用者数 1,000万人
提携会社数 1,400社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社Speee

国内最大級の不動産一括査定サイト。提携数は全国1,200社。誰もが知る最大手から、地場に強い中小まで数多くの不動産会社の査定を受けることが可能。累計利用者は1000万人。最大6社から無料査定を受けられる。

イエウールの特徴
  • 提携しいる不動産業者が1500社と他社に比べて圧倒的に多い
  • 「大手」から「中堅」「地方」の不動産会社にネットワークがある。
  • 利用者数が1000万人と一括査定サイトの中での実績がある。
town life 不動産売却
タウンライフ
提携会社数 300社以上
対応地域 全国
入力時間 最短60秒
運営会社 town life

提携している不動産会社は300社と他社に比べ少ないが、地域に根ざした地元密着の不動産会社が多いので強み。登録会社は厳格な審査基準をクリアした不動産会社のみ。 初めての不動産売却の人が分からない細かいこともメールで相談に応じてくれる。

タウンライフ不動産売買の特徴
  • 信頼できる300社以上の不動産会社に不動産価格一括査定が可能
  • 簡単入力60秒で無料スピード依頼。オリジナルの不動産売却査定書が届く
  • 売却に関するお悩み・不安を「メール」「郵送」「FAX」好みの方法の相談できる。