複数の見積もりで相場を確認して一番高く売る

市場より高い不動産査定額に惑わされないように知っておくべきこと

不動産会社の査定価格は相場の1~2割高く査定される

所有する不動産を売りに出す側としては、少しでも高く売れる不動産会社に売却依頼を出したいです。

市場価格が2600万円のマンションの売却を検討している時に、複数の不動産会社から査定をしてもらい、あるところからは、3000万円と査定されました。

別の不動産会社からは3600万円と600万円高く査定されたら、後者の不動産会社にまず依頼をする売主が多いかと思います。

しかし、不動産は車や宝石など市場価格がはっきりしているものとは違うので、不動産の査定額は「本当に売れる額ではない」ことを頭に入れておくと、大きな期待を持って売却依頼をした場合、がっかりする結果にならずに済みます。

実際に不動産を購入するのは、市場のエンドユーザーであって、不動産仲介業者ではありません。不動産仲介会社は、自分が購入しないから高値で査定するのです。

このようなことをする背景には、他社の競合に勝つためです。高く査定を出してくれたところに依頼するという売主さんの心理が分かっているので、少しでも高額査定をして、媒介契約を取りにいきます。

市場価格より高い査定をした不動産は、その後どうすうる?

市場価格より高い査定を出した不動産会社は、売却の依頼を引き受けてどうするのでしょうか。

まずは、物件売却の募集をしますが、「なかなか売れない」「売り出し価格を200万円下げませんか?」と持ちかけてくることがままあります。

これは、業界でいう、「囲い込み」という悪い慣習なのですが、あまり高い査定を付ける不動産会社に依頼すると、値下げ交渉をされることを事前に知っておきましょう。

不動産物件は「すぐに」「高く」売却することは難しい

不動産は株などと違い、すぐに換金することができません。たとえすぐに買主さんが見つかっても、買主側のローンや登記上の手続など、約1ヶ月程度は時聞がかかります。引越し先だって決めなければならないでしょう。

一般のエンドユーザーは「検討するので時間をください」「買うのにローンを使うので時間をください」。さらには「ローンがつかなかったら白紙で解約させてください」など、時間がかかります。

契約してもローンがつかず解約になることだって想定しなければなりません。それであれば、ローン云々を言わない不動産会社に買い取ってもらうことも一つの手です。

そしていくら良い物件でも「間取りが気に入らない」「場所が気に入らない」など、あなたが以前不動産を購入したとき同様わがままです。当然なかなか決まりません。

不動産会社はすぐに買い取ってくれる

不動産業者は即決して物件を購入してくれます。資金的なことも言いません。しかし、不動産会社は商売です。

その物件を買い取ってから時間と手間ひまに利益を乗せて再販売するので、やはり安くしなければ買ってくれません。

エンドユーザーに売却する場合は、不動産会社に売るよりは高く買ってくれますが、不動産会社は即決してくれる代わりにどうしても安くなってしまします。どちらを選択するのかは自由です。

市場のエンドユーザーに対しての価格設定をする。買い替えなどで売却する期限が決まっている場合や、早急にまとまったお金が必要な場合、時間をかけて不動産売却をしたくない場合などは、不動産業者向けの価格設定をする必要があります。

不動産を早く売りたい場合は、誰もが買いたい価格設定で

不動産はこの世に一つと同じものがありません。たった一人を探すということが、高額成約に結びつけることなのですが、どれだけたくさん広告宣伝活動しても、たった一人にめぐり会うことは大変なことです。そのため早く売るということは、たった一人よりもたくさんの人が買いたいという値段を付けなければなりません。

当然そうなれば、安くしなければなりません。いわば不動産売却とは、公開市場を使ったオークションと同じ原理なのです。早く売りたいのなら、誰もが買う値段設定が必要になります。

不動産を高く売りたい場合は「さらし物件」になることも念頭に持久戦も覚悟

これに対して、高く売るのは時聞がかかります。人にはそれぞれ好みがありますし、ライフスタイルだって違います。買主さんも単なる価格だけで判断するのであれば、それほど難しい問題でもないかもしれませんが、それに好み、ライフスタイルなどが複雑な価格形成要因をなすため、単純な希望にも応えられないわけがあるのです。

万一を信じて高く売りたい気持ちもわかりますが、現実はそう甘くはありません。そんないつまで経っても売却できないで「さらし物件」になっている不動産は、たくさんあるのです。

家の『査定額』がすぐ分かる おすすめの無料一括査定サイト
自宅に居ながら、インターネットで家の売却査定額を調べる時の定番

不動産一括査定サイトって何?
これまで家を売る時は、初めて訪れた不動産屋さんで【訪問~査定~売却】までが普通の流れが普通でした。
しかし、不動産屋によって数百万~1千万円も査定額が違うこともありますので、複数社に査定を依頼していたらもっと高く売却できた可能性が高いです。

何件もの不動産屋に自分の足で訪問して査定依頼するのは大変です。「不動産一括査定サイト」は会社ごとに違いが出る査定額を、複数社に同時に依頼できる便利なサービスです。

リガイド
イエイ
提携会社数 600社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大10社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社ウェイブダッシュ

SBIグループの旧SBIライフリビング株式会社から分社し、現在は「RE-Guide」として㈱ウェブダッシュが運営している。2006年からサービスを開始した、運営12年目の老舗一括査定のサイト。不動産取引のプロが中心になって創設されており、投資物件や、収益物件の査定にも強い。個人の住宅、マンションからプロ御用達の物件まで、幅広い物件に対応。他社にはない専門知識を活かした、緻密な査定に定評がある。

リガイドの特徴
  • 旧SBIライフリビング株式会社から分社。運営12年目の老舗一括査定サイトの一つ。
  • 一度の申込みで、“最大10社”の査定額を調査してくれる。
  • 居住用物件の他、収益物件など投資物件に精通した不動産会社も多数参加。
イエイ
イエイ
利用者数 300万人
提携会社数 1,000社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 イエイ不動産売却査定

国内最多の300万人が利用している、不動産売却専門マッチングサイト。全国の1,000社以上の不動産会社の査定結果を即日に受け取れる。不動産の専門知識をもった専任スタッフが常駐しており、スムーズに売却できるようにサポート体制も充実している。

イエイの特徴
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • イエローカード制度があり、悪徳な不動産会社が排除されている
イエウール
イエウール
利用者数 1,000万人
提携会社数 1,400社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社Speee

国内最大級の不動産一括査定サイト。提携数は全国1,200社。誰もが知る最大手から、地場に強い中小まで数多くの不動産会社の査定を受けることが可能。累計利用者は1000万人。最大6社から無料査定を受けられる。

イエウールの特徴
  • 提携しいる不動産業者が1500社と他社に比べて圧倒的に多い
  • 「大手」から「中堅」「地方」の不動産会社にネットワークがある。
  • 利用者数が1000万人と一括査定サイトの中での実績がある。
town life 不動産売却
タウンライフ
提携会社数 300社以上
対応地域 全国
入力時間 最短60秒
運営会社 town life

提携している不動産会社は300社と他社に比べ少ないが、地域に根ざした地元密着の不動産会社が多いので強み。登録会社は厳格な審査基準をクリアした不動産会社のみ。 初めての不動産売却の人が分からない細かいこともメールで相談に応じてくれる。

タウンライフ不動産売買の特徴
  • 信頼できる300社以上の不動産会社に不動産価格一括査定が可能
  • 簡単入力60秒で無料スピード依頼。オリジナルの不動産売却査定書が届く
  • 売却に関するお悩み・不安を「メール」「郵送」「FAX」好みの方法の相談できる。