複数の見積もりで相場を確認して一番高く売る

家を高値で売却するために準備しておくこと

不動産売買の問題とするところは売り手も買い手も同じ。

人が100人いたら、100人分の性格や個性があるのと同じように、不動産の買い手が求めるものは、同じではありません。

大きく不動産の動向を眺めると、買い手がつきやすい物件とそうでない物件があります。このことを売り手の立場から考えると、売り手が売りやすい物件とそうでない物件ということになります。

不動産の売買は少しでも高く売りたい売り手の希望と、少しでも条件に近い物件を、これくらいまでならお金が出せるという価格で買いたい買い手の希望が、うまく合って初めて成立するビジネスです。

お金のことだけ考えると、売り手と買い手、相反する立場のように見えますが、不動産そのものに視点を置くと、実は同じ問題を抱えている者同士であることが分かります。

まずは買い手のことを考えてみる。

不動産の買い手には、大きく二種類あります。まず一つ目はエンドユーザーと呼ばれる人たちで、購入した不動産を自分で使う人たちです。例えば、一戸建てを立てよう考えている個人の方や、自分が手掛けている事業をより良くしたいと不動産を購入した法人の方もエンドユーザーです。

もう一つは、不動産の投資家や事業主です。お分かりになるかと思いますが、投資家の方であれば、賃貸に出して運用益をと考え、のちにはそれを売って売却益をも手にしようとお考えになることと思います。

一方、事業主の方であれば、買った土地にマンションや家を建てて売ることで売却益を得ます。戸建ての建て売り会社や分譲マンションの開発会社がこれに当たり、不動産に何らかの手を加えて付加価値をつけて売る人たちということができるでしょう。

中古マンションを買うとしたら。

エンドユーザーの方が中古マンションを買うとしたら、何を考えると思いますか。エンドという言葉からも分かるように、彼らにとって不動産の購入は一生のうちに一度あるかないかという大きな買物です。

ましては、そのマンションを終の棲家にしたいと思っているとしたら、これは欠かせないと思うポイントが増えます。具体的に言えば、子供の教育環境から医療体制、自治体のサポート体制など、一生涯、快適に暮らせるかどうかといった居住性を気にすることでしょう。

しかし、投資家の方であれば、その物件に対して高い家賃を払ってくれる人がいるかどうかを第一に気にします。ちなみに、賃貸にお住まいになる方は、駅までの距離など、さしあたっての生活のことを考え、利便性を重視する傾向があります。そのため、投資家も誰に対して貸し出すかを考えつつ、利便性のことを念頭において、不動産を購入することになるでしょう。

これらのことから、不動産にはエンドユーザーの方には良いけれど投資には向かない物件や、その反対に、投資には向くけれどエンドユーザーの方には向かない物件というものがあることが分かります。

とはいえ、対象となる不動産に対する評価は、人それぞれです。自然豊かな、静かなところが好きは人もいれば、繁華街の喧騒が好きな人もいます。また、戸建て住宅の建て売り事業と、分譲マンションの開発事業では、当然のことながら、異なる戦略を持っています。

エンドユーザーの方が好む物件、投資家の方が好む物件というように、ある種の傾向はありますが、同一の物件であっても、皆が皆、同じ評価をするわけではないということは頭のどこかに入れておく必要があるでしょう。

不動産は100件物件があれば同じものは2つはない唯一無二のもの

売り手も買い手も、それぞれ様々なニーズがあるにも関わらず、不動産は唯一無二ものです。例えば、同じマンション内の同じ階にある物件であっても、角部屋であるかどうか、同じ角部屋でもエレベーター脇にあるかそうでないかなどで、物件としての価値も魅力も変わってきます。

また、同じマンションを別の場所に建てて、同じ階、同じ部屋番号の部屋同士を比較しても、駅から近いかどうか、周辺の環境はどうか、日当たりはどうかなど、違いは出てきます。

ここが、同じように売り手と買い手がある車や家電製品などとは、大きく違うところです。車や家電製品であれば、ほぼ同じものが量産できますが、不動産はどんなに頑張っても、そこまで同じものは作れません。身近な無機物でここまで違いが出るものは、少ないのではないでしょうか。

最後に、売り手のことを考える

不動産自体は唯一無二のもの、それなのにニーズは無数にあるというと、どんな不動産でも最終的には何とかなりそうな気がします。しかし、実際のところは、買い手の注目を集めやすい物件と、そうでない物件が明らかにあります。

買い手の注目を集めやすい物件は、言ってみれば、多くの人が良いなと思う物件です。エンドユーザーの方であるとか、投資家の方であるとかは全く関係なく、とにかく買い手の層が厚くと、ターゲットが広い物件ということができます。

その反対に、注目を集めにくい物件は、一部のエンドユーザーの方、もしくは、一部の投資家や事業者の方のみが興味が持つような、買い手の層が薄く、ターゲットも限られる物件です。当然のことながら、前者の方が高値でやり取りできるでしょう。

既に持っている不動産については、如何ともしがたいところがありますが、今後、売り手は意識すべき不動産業界の独特の構造をよくよく理解して、次の一手を考える必要があります。不動産はそれこそ星の数ほどあります。その中にあって、買い手の目につきやすい不動産こそ、売り手に高い利益をもたらすということを忘れてはいけません。

不動産 無料一括査定サイト

自分の所有している不動産や、家族(親、兄弟、親戚)が持っている不動産や土地がどのくらいの価値があるのか?今いくらで売れるのか?を調べる時に、複数の不動産会社に出向いて見積もりを取ることは、想像以上に時間も手間もかかります。オンラインで無料一括査定を申し込めば、即日~数日で、複数の会社から相見積りを家に居ながらとれるので便利です。

マンション・戸建て・土地 不動産売却 無料一括査定
イエウール
運営会社 株式会社Speee
URL https://ieul.jp/
提携不動産会社数 1,200社以上
査定可能地域 日本全国
国内最大級の不動産一括査定サイト。提携数は全国1,200社。誰もが知る最大手から、地場に強い中小まで数多くの不動産会社の査定を受けることが可能。最大6社から無料査定を受けられる。
マンション・戸建て・土地 不動産売却 無料一括査定
イエイ
運営会社 株式会社Q
URL https://ieul.jp/
提携不動産会社数 1,000社以上
査定可能地域 日本全国
国内最多の300万人の利用実績がある、不動産売却専門マッチングサイト。全国の1000社以上の不動産会社の査定結果を数日内に受け取れる。不動産の専門知識をもった専任スタッフが常駐しており、スムーズに売却できるようにサポート体制も充実している。
マンション・戸建て・土地 不動産売却 無料一括査定
マイスミ
運営会社 株式会社じげん
URL https://www.mysumi.jp/
提携不動産会社数  
査定可能地域 日本全国
複数の不動産メディアを運営する不動産一括査定サイトの草分け的存在。マンション、戸建て、土地、一棟マンション、店舗などの不動産の売却を6社に一括査定できる。プライバシーマーク認定企業で、個人情報の保護も徹底されている。
不動産の一括査定をしたら、売却価格が300万円以上も上がることも。

大手から地場の不動産会社が参加する イエウール。不動産の売却価格を最大6社から比較・相見積り無料で取ることが可能です。

1社のみに査定を依頼して売却を進めることがありますが不動産会社によって査定額はまちまちですので、複数社の査定を行うことは必須です。

⇒ 無料一括査定のイエウール

査定できる不動産会社は提携1200社の中から最大6社