不動産売却先は大手がいいのか?地元の中小会社がいいのか?



大手か地元の中小かメリット・デメリットはそれぞれ

不動産を売却する時に、大手不動産会社がいいのか、それとも地場でやっている中小の不動産会社がいいのか、迷うところだと思います。率直に言って私は、大手不動産会社に頼んで得られる唯一のメリットは「信頼感」だと思います。

小さな不動産会社は、倒産してしまう、もしくは経営的なリスクがある可能性もありますが、大手不動産会社は財務基盤が安定していますから、多少不景気になってもなかなか倒産することはありません。

「何かあった時に対応してもらえる」という安心感はあります。ただ実際のところ、大手不動産会社の社員は人事ローテーションで定期的にほかの支店に異動します。

何か問題があった時に問い合わせても、当時の担当者がいるかどうかわかりませんし、後任者に適切な対応をしてもらえないこともあります。また彼らは1人1人が膨大な案件を抱えています。1人の営業担当者が、常時10物件の売却を受け持っている場合もあります。

1物件につき4組の購入希望者が現れたとしたら、それだけで40組の案内をこなさなければなりません。「面倒くさくて一つ一つの問い合わせに丁寧に対応していられない」という面もあります。

中小不動産も地元ならではの情報を持っている

情報量の面ではどうでしょうか。大手のほうが各地に支店もありますし、多くの情報を持っていると思われます。しかし、そうとも言いきれません。全体で見れば大手の持つ情報量は確かに多いのですが、地域ごとに見れば、大手でも中小でも持っている情報量に差はありません

また、大手しか持っていない情報もあれば、地場の小さな不動産屋さんしか持っていない情報もあります。私がおすすめするのは、規模にこだわるのではなく、売却に関するノウハウがある会社に任せることです。

例えば、インスペクションや暇庇保険を必ずつけてくれるなど、売却に特化したサービスを持っている会社です。あるいは、そういった話をした時に、すぐに理解してもらえるような会社であれば、ノウハウがあると判断することができます。

不動産の売却は、相場を知るためにも一括査定で、相見積りを。売却価格は、取引する会社によって数百万円の違いが出ます。

⇒ マンション・戸建て・空き家・土地の一括査定依頼が最短60秒で完了 » 不動産机上(簡易)無料査定

大手から地場の不動産会社が参加する イエイ。不動産の売却価格を提携している全国1000社以上の中から最大6社から比較・相見積り無料で受け取ることが可能。

1社のみに査定を依頼して売却を進めることがありますが不動産会社によって査定額はまちまちなので、複数社の査定を行うことは必須です。

イエイの特徴
  • イエローカード制度があり、悪徳不動産会社が徹底排除されている
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート

査定できる不動産会社は提携1000社の中から最大6社