希望のリフォームを実現させるためのプラン作り

住まいの不満点を洗い出す

今の住まいのどこが不満なのかをリストアップしよう

まずは不満点のリストアップから

リフォームをすると決めたら、「ここをこのようにしたい」という要望を、リフォーム会社へ提示しなければなりません。とはいえ、漠然と考えているだけでは、プランの要望はなかなかまとまらないものです。

リフォームをするにあたっては、今の住まいに対する何らかの不満がきっかけになることが多いもの。まずは、それらを全部洗い出すことが先決です。あなたの住まいの不満点をリストアップしてみましょう。

古い、狭い、暗い!使いづらいのはどこ?

設備などが古くなって使いにくい、という占めたりが真っ先にあげられる不満点でしょう。さらに間取りが今の生活に合わなくなっていませんか?狭くて暗い部屋、ほとんど使っていないスペースはありませんか?このように、ふだんの生活を振り返り、理想的な住まいを考えてみましょう。

窓の結露やカピ、省エネルギーを考慮した暑さや寒さ対策も大事な要素。地震や防犯に対する不安解消なども、最初からあきらめずに不満リストに入れたい項目です。

家族で意見を出し合い不満点をまとめよう

不満点の整理にあたっては、必ず家族全員の意見を採り入れることが大切です。特に、2世帯同居の場合には、高齢者の意見をよく聞いてみましょう。若い世代には思いもよらない観点からの不満が出てくることもあります。バリアフリー・リフォームは、そうした意見が基になります。

こうしてあげた不満点を全部リフォームで解決できるとは限りません。予算的な限界もあるでしょう。しかし、まずは不満点を明らかにしないと、よいプランニングはできません。

住まいの動線を見直す

家族みんながスムーズに動け、家事も楽になる動線を目指す

住まいの動線をすべて再検討する

建物の中で人が移動する経路を「動線」といいます。毎日の生活の中で、悪い間取りがもたらす、不便な動線でストレスを感じている人は案外と多いものです。

例えば、トイレへ行くのに必ずリビングを通ることになる動線の場合、リビングにお客様がいると気まずいこともあります。また、部屋数が多くても、部屋を通って次の部屋へ行くような昔風の間取りでは、プライバシーが確保されません。

トイレやお風呂の出入り口が、玄関から見える位置にあると、「お客様が玄関にいるのではないか」と余計な気遣いをすることになります。

家事動線が悪いと疲れやすい

調理や洗濯などの作業を中心に考えた動線を「家事勤線」といいますが、その経路が悪く移動距離が長いと疲労の原因になります。キッチンで調理をするときに、洗濯やお風自の掃除も一緒にすることが多いので、これらが離れた位置にある間取りは、無駄な勤線を作ってしまうのです。

水まわりが一直線に並んでいる間取りならば、移動距離が短く、スムーズに行き来ができる動線になり、家事の効率がよくなります。

何を優先するのかでも動線は遣ってくる

まず、現在の生活を振り返って、不都合な勤線をすべてあげてみましょう。そして、どうしたら動線のよい家になるのかを、リフォーム会社の人の知恵を借りて一緒に考えましょう。

床面積の制約などから、すべてを解消することは難しい場合もあります。その際は、どの動線を優先するのか、家族でよく話し合いましょう。家族の交流を優先するのか、プライバシーを優先するのかなどによっても動線は変わってきます。

生活変化を見越す

リフォームプランへの要望は、将来の生活変化も見越しておく

住まいの不満リストを基にプランへの要望をまとめる

今の住まいの不満点をリストアップしたら、「ここをこのようにしたい」というリフォームプランへの要望をまとめましょう。

プランへの要望は、不満点の裏返しでもあります。しかし、不満を解消するだけでは、あまりよいプランにはなりません。間取りの変更、内装の素材や好み、設備機器のグレードやタイプなどについて、できるだけ具体的に要望をまとめるのがコツです。

さまざまな改善要素を考え合わせた上で、要望をまとめることになりますが、その際に考慮したい重要ポイントのひとつが将来の生活変化です。

家族構成の変化や老後のことも考慮する

今は子どもが同居していても、成長すれば独立します。また、同居している親が亡くなったり、別の所に住んでいた親と一緒に暮らしたりすることもあるでしょう。こうした家族構成やライフサイクルの変化を念頭に置かないと、せっかくリフォームしても、何年か経つと、また住みにくくなってしまいます。

例えば、移動できる収納家具などで間仕切りをすれば、特に費用をかけずに簡単に間取り変更ができる部屋になります。家族構成の変化を見越せば、このような工夫も必要となるでしょう。

親や自分自身の老いについても、考慮しておく必要があります。高齢になると、階段は危険になり、ちょっとした段差でも事故になる可能性がぐんと増えます。手すりの取り付けや、段差の解消は早めに手を打っておきたいものです。

また、浴室やトイレなどが寒いと、暖かい部屋との温度差で急激に血圧が上がり、健康を損ねる原因となります。

【合わせて読みたい】

リフォーム業者にこちらの要望を的確に伝えて、イメージ通りのリフォームを成功させる

業者が違うと、リフォームの見積もり額も変わってくる

リフォーム業者によっても見積もり費用、請求額は変わってきます。

まずいくらかかるのか? 複数社から見積もりをとって、比較することをおすすめします。

インターネットのない昔は、複数のリフォーム会社に自分で連絡を取り、見積もりを依頼する必要があったので大変でした。

最近では、インターネットから無料でリフォームの相談・見積もりをしてくれる一括見積もりサイトあります。

複数の専門家のアドバイスが聞けるので、問い合わせしてみる価値はあります。

複数のリフォーム会社からの【リフォームのプラン・見積もり】を、比較できる「一括見積もり」

リフォームで大切なことは、家の問題を解決する専門家のアドバイス。それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元のリフォーム会社まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 複数のリフォーム業者 から、【リフォームプラン 】と【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数のリフォーム専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良リフォーム会社から、無料でリフォームの【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の工務店まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト

完全無料!
複数社の見積もり比較/
リフォームを依頼しなくてもいい?
見積もりが来ても、正式にリフォーム工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社の見積もりを取り寄せてみましょう。
優良リフォーム業者300社が登録
「最大5社のリフォーム見積もり」を徹底比較。
「最安値」「最適」な業者をリショップナビで選ぶ。

リショップナビでは、加盟している1500社から【最大5社まで】一括見積りが無料でできる。国内最大級のリフォーム見積もり一括サイト。 希望するリフォームの詳細を電話でヒアリングしてくれるので、リフォーム会社と施工主とのマッチング精度が高い。不安な点や疑問点なども相談可能。

紹介される業者は、すべて「安心リフォーム保証制度」に加入している会社。万が一リフォーム中に工事ミスがあっても、工事瑕疵の損害を保証する制度があり。

リショップナビの特徴
  • 「業者に丸投げ」ではなく、リショップナビが最後まで、最適なリフォーム会社が見つかるまでしっかりサポート
  • 口コミや施工事例、地域の加盟施工会社をWEBサイトで公開している
  • 安心リフォーム保証制度へ加入している業者の紹介
  • リフォーム会社へのお断り代行をしてくれる

⇒ リショップナビ公式サイト

完全無料!
最大5社の見積もり比較/
リフォームを依頼しなくてもいい?
見積もりが来ても、正式にリフォーム工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社から見積もりを取り寄せてみましょう。リショップナビでは、リフォーム会社へのお断り代行をしてくれます。