DIYリフォーム~自分で出来る「日曜大工DIY」

気になる予算の目安と日曜大工のコツと注意点

日曜大工

同じ面積・容積でも値段には大きな幅が出ます

リフォームの場合に最初に最も気になるのが、自分が考えているリフォームです。いったいどれくらいの予算の目安を付けておけばいいか、でしょう。こちらでは、各分野の概算費用を出しておきます。

この金額はあくまでも目安です。リビングの改装の場合を想定してみると、たとえ同じ面積であっても、素材や仕様によって多少異なる場合があります。よく注意して比較するようお勧めします。

素人でもできるリフォーム工事は、こんな注意が必要です

これまで見てきたように、価格面から追求すれば、何といっても高いのは人件費です。地域や工事種による違いはありますが、あなたが工事を依頼する場合、職人1人当たりに1日、3万円前後は負担することになります。

そこで、施工費を浮かすことで、格安のリフォームが可能であることが分かります。そのため自分でリフォームの施工ができないか、となるわけです。毎年のように大阪と東京で聞かれるDIYシヨーなどに出かけ、最新の工法や新商品などを実際に体験するのが近道です。

時間に余裕があり、日曜大工に自信のある方は、チャレンジしてみましょう。郊外のホームセンターやDIY店には道具から建材まで揃っていますし、庖員に聞けばたいていのことは教えてもらえます。その庖員は「DIYアドバイザー」という経済産業省の外郭団体の認定する資格で、いわば準国家資格ですので信頼がおけます。

ところでもっとも注意しなければならないことは、日曜大工(DIY)は単にローコストの手段と時してやるのではなく、趣味的に楽しく、時間をかけてやらなければ、成功できませんし、完成まで忍耐も必要ですので、長続きしません。

大工道具は整えたものの、いつも工事途中ばかりだと、家中の非難の的にもなりかねませんし、精神衛生的にも良くありません。

当然、複雑で見栄えを重視すべき個所は、専門的な職人さんや工事庖に頼んで施工してもらいます。そのうえで自分でできる部分は日曜大工(DIY)するわけです。そこで、この項では素人にもできそうな工事を種類別に分けてみました。

塗装工事のコツと注意

塗装とはいわゆるペンキ屋さんの仕事ですが、塗装には部屋の中の内装塗装と家の外側の外装塗装や屋根の塗装があります。このあたりは素人にもできる部分は、たくさんあります。例えば室内壁では、浴室壁の塗装にローラーパケを使うと広い面積も楽に塗れます。クロス壁で仕上げるよりは、後からのメンテナンスが楽にできます。子供部屋の落書き、汚れも簡単に直せます。

最近の室内壁のほとんどが石膏ボードの下地にクロス壁仕上げです。米固などでは室内もペンキ塗りが普通です。意外に若作りの部屋が出来上がりますので、チャレンジしてみてはいかがですか。リフォーム工事をする際に、工事庖には石膏ボIド下地までやってもらい、後は自分でアクリルエマルジョンペイント(AEP)などで塗装してみましょう。ローコストにはかなり有効です。

昔は屋根の上でご主人がペンキを塗る風景がよくみられました。しかし、外壁、屋根などの塗装については、足場も必要です。危険なのでこのへんは、プロに任せた方が無難でしょう。自分でやるのは補修程度で済ませましょう。塗装する対象により塗料の種類はいろいろありますので、購入する際はDIYショップの庖員さんによく聞きましょう

内装工事のコツと注意

床、壁、天井の工事です。クロス、カーペット、クッションフロアなどの工事となりますが、このへんもやる気さえあれば素人でもできます。

DIYショップを一度のぞいてみましょう。色々な種類の壁紙、クッションフロア等そろえてあります。クロスに関しては水をつけるだけでそのまま張れる物、のり付きなどいろいろなタイプのものがあります。部分的に張るのであればのり付きで、一部屋以上張るのであればのりの付いてないタイプが使いやすいでしょう。

トイレ、洗面などの水回りの床はよくクッションフロアが使われていますが、これは両面テープを使えば簡単に張ることができます。既存のクッションフロアの張り替えのほか、現在木質系の床の場合、直接その上に敷くこともできます。柄も豊富にあり、特殊な道具など必要としませんので、お勧めです。ただ、DIYショップのクロス、クッションフロアは高価な場合もあります、工事庖にすべて安明頼んだ方が安くつく場合があるので、工事見積書と比較検討する必要があります。

木工事のコツと注意い

いわゆる「素人には無理」と思われがちの大工工事ですが、棚を付ける、階段に手すりを付ける、トイレに手すりを付けるなど、意外と簡単にできる部分も結構あるのです。自分でチャレンジしてみましょう。

一番多いクロス壁などの下地には石膏ボードが使われています。肝心なのはビスを止めるための下地探しです。この石膏ボード自体には釘もピスも効きませんので、その下にある木製の下地を探します。下地探し用の特別な道具もありますが、細目の釘、針などをクロスの上から刺して探してみるのほが簡単です。

日曜大工を本格的にやる場合、大工道具をそろえたいもの。種類もたくさん必要ですし、電動工具など高価なものもあります。しかし一度そろえてしまえば、一生使えます。暇なときに、思いついたらできる日曜大工は楽しいものです。

増築、改築等、建物の構造材(柱、梁など)に関わる工事は建物の強度に直接影響するので危険です。建ててしまってから、耐震強度に問題があるというレベルではなく、家が徐々に傾いてきて、完成しないうちに取り壊し、などということにもなりかねません。そうならないうちに、プロにお願いしましょう。

解体撤去工事のコツと注意

新しい産業廃棄物の処理規制の法律が厳しくなってどんどん施工されてきました。リフォーム工事でも廃棄物の処分費が高騰してきています。リフォーム工事には付きものの解体撤去、壊す部分と残す部分の取り合いなど結構大変なものです。そして壊した後の廃材処分に結構コストがかかります。そこで自分で処分できるものは処分してしまいましょう。

業者に全面的に頼むリフォームでも、畳、襖、建具など粗大ゴミとして、処分できるお宅では自分で処分した方が安上がりとなり、その分値引きできます。たとえば古畳を処分するのに業者に頼めば、現在は1枚で1000円12000円くらいは処分費として取られます。それが家1軒分の畳ですと結構な金額になります。

処分費は、高騰しつつあり、地域や業者によりかなりの違いがあります。また業者によっては処分費を無料にしている場合がありますが、ここ一、二年産廃処理に関する法律ができ、不法投棄は廃出者つまり施主の責任になっています。罰則も厳しくなっています。なお処分費は、自宅で一般ゴミで処分した分については値引き交渉が可能でしょう。

家具工事のコツと注意

部屋の寸法ぴったりに造った造り付けの家具は、特に思いどおり出来上がったものであれば、素敵で愛着のあるものです。

作り方によって収納は容量いっぱいにとれ、リビングのローボードなどは部屋とコーディネイトす

るとすばらしいものもできます。しかし、その場合、業者に依頼するとかなりの高額になります。工場生産の家具と違い、手造りですから高いのは仕方ありませんが、低コストを目指すなら、なるべく家具は既製品で整えましょう。

クローゼットの内部は棚、パイプなど上手に組み合わせて有効に使いたいものですが、これらは簡単にDIYできます。DIYショップをのぞいて研究してみましょう。スチール製の物、木製の物、いろいろなキットが売られています。業者にはクローゼットの扉だけ造ってもらい、内部の棚、パイプなどは自分で取り付てみましょう。

フォーム工事をする際に、家具を先に購入して、家具に合わせて間仕切りし、コーディネイトすほるのも一つの手かもしれません。特にマンションの改装などは部屋の寸法にあまり制限がありませんので家具の寸法ぴったりの部屋を造るのも可能です。

安売り晶利用のコツと注意

最近のディスカウントショップでは、住宅用建材や住宅設備、さらに家具もかなり安く、しかも品質でも遜色のないものが売ら

れています。これを積極的に活用することを検討しましょう。特に照明器具、カーテン、カーペット、輸入材など、業者の仕入れ価格より安いときがあります。リフォーム工事をする際に照明器具、カーテンなども業者任せだと高くつきますので、自分でそろえましょう。

ほかにも安くて良い建材などをホームセンターなどで見つけることもあります。それらを使って工事できるか、業者に事前に相談してみましょう。業者の多くは、工事費を安く設定して材料費で利益を出していますので、断られる場合もあるでしょうが、相談するだけは無料と割り切って、遠躍しないで何でも聞くことです。

業者が違うと、リフォームの見積もり額も変わってくる

リフォーム業者によっても見積もり費用、請求額は変わってきます。

まずいくらかかるのか? 複数社から見積もりをとって、比較することをおすすめします。

インターネットのない昔は、複数のリフォーム会社に自分で連絡を取り、見積もりを依頼する必要があったので大変でした。

最近では、インターネットから無料でリフォームの相談・見積もりをしてくれる一括見積もりサイトあります。

複数の専門家のアドバイスが聞けるので、問い合わせしてみる価値はあります。

複数のリフォーム会社からの【リフォームのプラン・見積もり】を、比較できる「一括見積もり」

リフォームで大切なことは、家の問題を解決する専門家のアドバイス。それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元のリフォーム会社まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 複数のリフォーム業者 から、【リフォームプラン 】と【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数のリフォーム専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良リフォーム会社から、無料でリフォームの【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の工務店まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト

完全無料!
複数社の見積もり比較/
リフォームを依頼しなくてもいい?
見積もりが来ても、正式にリフォーム工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社の見積もりを取り寄せてみましょう。
優良リフォーム業者300社が登録
「最大5社のリフォーム見積もり」を徹底比較。
「最安値」「最適」な業者をリショップナビで選ぶ。

リショップナビでは、加盟している1500社から【最大5社まで】一括見積りが無料でできる。国内最大級のリフォーム見積もり一括サイト。 希望するリフォームの詳細を電話でヒアリングしてくれるので、リフォーム会社と施工主とのマッチング精度が高い。不安な点や疑問点なども相談可能。

紹介される業者は、すべて「安心リフォーム保証制度」に加入している会社。万が一リフォーム中に工事ミスがあっても、工事瑕疵の損害を保証する制度があり。

リショップナビの特徴
  • 「業者に丸投げ」ではなく、リショップナビが最後まで、最適なリフォーム会社が見つかるまでしっかりサポート
  • 口コミや施工事例、地域の加盟施工会社をWEBサイトで公開している
  • 安心リフォーム保証制度へ加入している業者の紹介
  • リフォーム会社へのお断り代行をしてくれる

⇒ リショップナビ公式サイト

完全無料!
最大5社の見積もり比較/
リフォームを依頼しなくてもいい?
見積もりが来ても、正式にリフォーム工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社から見積もりを取り寄せてみましょう。リショップナビでは、リフォーム会社へのお断り代行をしてくれます。