リフォームを機に家の耐震性をチェックする

リフォームを機に家の耐震性をチェックすることは、その家に長く、安心して住むために大切なことです。リフォームを行っても、家の命ともいえる構造体に問題があるようでは困ります。

最近は耐震チェックを同時に行ってくれるリフォーム会社もあります。なかには単に仕事を増やすための手段としている場合、つまりしなくてもいい耐震リフォームを無理やり行わせようとするケlスもあるようですが、そういう怪しいものは別にして、耐震チェックをすること自体はお勧めできます。

耐震診断が必要な家とは

2000年6月1日に建築基準法の改正が行われました。これによって、たとえ木造住宅であっても、構造的な検証を行わなければならなくなりました。

そこで問題になるのは、改正前の建物に関してです。法律の有無に関わりなく、構造的な考察を行なうことは、設計者として当然のことであるように思えますが、現実として、改正前の木造住宅は耐震性が充分に考慮されていない可能性が非常に高いのです。もちろん、暇庇があれば改正後の建物についても耐震性に問題が出る場合はありえます。

ひと目で耐震性が低いと思われる建物もあります。例えば建物の一方に大きな開口部があるような家です。壁がない面だけが弱くなって、バランスの悪い、地震にとても弱い家になってしまいます。当時はそれでも建築基準法をクリアしていたのです。

具体的な診断の方法は後の章で説明していきますが、建築基準法改正前に建てられた家は、リフォーム工事に入る前に壁の配置や筋交い、構造用金物の有無などをチェックして、耐震性が充分にあるかどうか確認しなければなりません。壁量が足りなければ、耐震壁を設けなければなりませんから、コスト的に大きな負担になりますし、プランにも制約が出てきます。

リフォームで生まれ変わる家

このように考えると、改正以前の建物はリフォーム前の補強にコストがかかり、建て替えたほうがいいような気もしてきます。しかし最近は耐震性をアップさせる構造用金物や補強材が登場していますし、さまざまな補強の手段が考えられていますから、必ずしも建て替えのほうが安いとは言えません。

悲観的にならず、ポジティブに考えてみましょう。それまで住んでいた、愛着のある家をリフォームしたときに、耐震性に問題があることに気づいたとします。がっかりする人が多いと思いますが、それは決して不幸なのではなく、むしろ家を健全なものにするいいキツカケだとは言えないでしょうか。

リフォームが家の健全性を見直す機会になり、そのまま住み続けるよりも長く、安心して住むことができるようになったのです。そのままでは危険な家を、健全な家へと変化させる、これもリフォームの素晴らしいところです。

【合わせて読みたい】

平屋建てを2階建てにリノベーションすることは可能?

築20年30年の古い家は改築できる?

業者が違うと、リフォームの見積もり額も変わってくる

築年数・施工業者が違えば、家に設備しているのメーカーや年式も全く違ってきます。それによって、たとえば【「キッチン水栓交換」は○○円】と、はっきり言い切れません。また、リフォーム業者によっても見積もり費用、請求額は変わってきます。

まずいくらかかるのか? 複数社から見積もりをとって、比較することをおすすめします。

自分で探して、見積もり依頼するのは大変ですが、今はネットを使えば簡単に複数社から見積もりを取ることができます。

複数の【地元優良リフォーム会社】から、 一括見積もり

リフォームで大切なことは、家の問題を解決する専門家のアドバイス。それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元のリフォーム会社まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 複数のリフォーム業者 から、【リフォームプラン 】と【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数のリフォーム専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良リフォーム会社から、無料でリフォームの【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の工務店まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト