リフォームの追加工事は要注意!高額請求に遭わない為に、絶対やってはイケナイ追加リフォーム工事の注文の仕方

リフォームの追加工事は高くつく

追加で「そこに棚がほしい」と思ったら、まず費用の確認を必ずする

リフォーム工事では追加注文が起こりがち

「あ、ここに棚が欲しいな」とか「そうだ、こっちの部屋の壁紙もきれいにしたい」などと、リフォーム工事中に追加の要望を思い付くことは、よくあるケースです。

その際に、何も考えずにすぐに注文してしまうと、後で困ったことが起きます。それは、もちろんお金。追加工事を頼むわけですから、当然それには費用がかかります。「ちょっと棚を付けるぐらいなら、たいした金額ではないだろう」と高をくくっていると、後でピックリということが現実によくあります。

費用も聞かずに現場で注文しないこと

リフォーム会社としては、追加工事を頼まれるとそのための材料を新たに取り寄せたり、設計を変更したりしなければなりません。そのため、最初からプランに盛り込んでいる場合より、費用が高くつくことが多いのです。

そもそも、費用も聞かずに追加注文をしてしまうことが問題なのです。素人なら、簡単な工事でも、お金がいくらかかるのか、わからないのがあたりまえ。工事後に、思ったよりも多額の請求がきて驚くことになるのです。

見積もりを取ってやるやらないを決める

追加工事を依頼するときは、工事現場にいる職人さんに直接一言口うのではなく、リフォーム会社の担当者を呼んで要望を伝えましょう。そして、口頭ではなく、必ず文書で正式な追加見積もりを取ってください。

その見積書を確認した上で、追加工事をするかしないかを決めましょう。そうすれば、後でお金が足りなくて困った、ということにはなりません。

参考記事

リフォームで「相見積り」をとった際、複数の見積書を比較する時の注意点

予期せぬ追加工事

壁や床をはがして、初めて分かる追加工事もある

見積もり段階では正確な費用が出ないことも

プラン変更や追加注文をしなくても、工事費用が大幅に加算されることがあります。でもそれは、リフォームにはある程度付き物。なぜなら、見積もりの段階では、リフォーム会社の担当者にも、床下や壁の中の状態がよくわからないからです。

床下や壁の中は、湿気がこもりがち。木造住宅の場合、材料や施工、あるいは湿気の状態にもよりますが、ある程度古くなると湿気にやられて、木材が腐ることがよくあります。特に浴室など水まわりの土台に被害が集中します。また、シロアリも木造住宅の大敵。柱が食われてボロボロになってしまっていることがよくあります。

腐った所を直さないと家が長持ちしない

設備を新しくして、インテリアがきれいになっても、家そのものが腐っていては、せっかくのリフォームが台なしです。腐っている部分を修繕して、丈夫で長持ちする家にすることが肝心。

ところがこの修繕費用は、当初の見積もり段階で正確に把握することはできません。工事が始まり、壁や床をはがしてみて、初めて発覚することが多いからです。

およその目安を聞いて予算にゆとりを持たせる

これらの修繕費用をあらかじめ把握するために、どれくらいの追加工事がありそうか、正確ではなくても、およその目安をリフォーム会社の担当者に聞いておきましょう。

その上で、予算にゆとりを持たせておくことが大切です。工事費用に関しては、十分慎重に取り組みましょう。

追加・変更は書面に残す

「言った」「言わない」のトラブルを避けるために書面にする

口約束の追加工事はトラブルの元

リフォームでは、追加や変更が発生しがちなことが、ここまでの説明でおわかりいただけたと思います。予定外の費用が発生する追加や変更は、ないことがいちばんですが、やるとなったら、リフォーム会社との聞で文書を取り交わすことを忘れずに行ってください。

というのも、口約束だと工事が終わった後に、「言った」、「言わない」のトラブルが発生する恐れがあるからです。例えば、現場の職人さんが「ああ、それぐらいならサービスでいいよ」と言ってくれでも、必ずその旨をリフォーム会社の担当に確認して、それを文書にして残しておくことが肝心です。

後で職人さんに「そんなことは言っていない」と言われたらそれまで。悪い人ではなくても、忘れるということがあります。/文書にしておくのは、追加や変更の内容とその費用。つまり、見積書をその都度、作成してもらうことになります。

変更合意書を取り交わしておこう

住宅リフォーム関連団体などで構成する「住宅リフォーム推進協議会」では、標準契約書式の一部として「工事内容変更合意書」を公開しています。インターネットからダウンロlドできますので、追加・変更の際にはその書式を使ってもよいでしょう。

その書式によると、工事の変更箇所を明記し、それぞれに金額の変更も明記するようになっています。そうして、双方が署名押印を行います。その書類を保管しておけば、後で何かあっても正式な証拠になります。リフォーム会社と依頼主の双方にとって有益な方法なのです。

大切なお金にかかわることですから、これぐらい慎重にやっておくべきです。

参考記事

リフォームの費用・相場価格と工事期間の目安はどのくらい?

業者が違うと、リフォームの見積もり額も変わってくる

築年数・施工業者が違えば、家に設備しているのメーカーや年式も全く違ってきます。それによって、たとえば【「キッチン水栓交換」は○○円】と、はっきり言い切れません。また、リフォーム業者によっても見積もり費用、請求額は変わってきます。

まずいくらかかるのか? 複数社から見積もりをとって、比較することをおすすめします。

自分で探して、見積もり依頼するのは大変ですが、今はネットを使えば簡単に複数社から見積もりを取ることができます。

複数の【地元優良リフォーム会社】から、 一括見積もり

リフォームで大切なことは、家の問題を解決する専門家のアドバイス。それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元のリフォーム会社まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 複数のリフォーム業者 から、【リフォームプラン 】と【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数のリフォーム専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良リフォーム会社から、無料でリフォームの【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の工務店まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト