リフォームで「相見積り」をとった際、複数の見積書を比較する時の注意点

リフォームの相見積もりは、複数の会社に依頼し、必ず書面をもらって比較する

工事内容と、材料、工賃の総額を示してもらうのが、「見積もり」

工事費用がわからないまま、リフォームを頼んでしまうと後で、思っていたよりも高い請求が来ることもあり、大変なことになります。

そこで、リフォームを依頼する前には、必ず「ここをこのようにリフォームをしたいのだけど、いくらでできますか?」と、リフォーム会社見積もりの依頼をします。

見積もりの依頼をした段階では、まだ契約していませんので、見積もりを確認した後に、「お断り」しても何の問題もありません。

口頭ではなく必ず書面でもらう

口頭で「いくらです」と問いただけでは証拠が残りません。例えば、知り合いの業者に頼んで、「いいよ、○○万円でやってあげる」などと安請け合いされ、その金額でできればいいのですが、後々トラブルにならないとも限りません。

工事が終わった後に「これだけ費用が追加になりました」と言われたら、お人好しの人は、言われたとおりの金額を支払う人もいるでしょう。ですが、「追加の費用は聞いていない」と反論したくなる人が多いと思います。

見積もりは、必ず書面で提出してもらうことが大切。見積書を契約書に添付して、正式に契約をかわしてから工事を始めるのが鉄則です。

複数の会社に依頼して、見積もりを比較検討する

見積もりは1社からだけでなく、複数の会社から取ります。見積もりを依頼する時は、併せて、リフォームプランの提案もしてもらいましょう。

各社の見積もりとプランを比べることで、「この会社はプランニングが上手だ」とか「同じキッチンなのに、この会社のほうが安い」などということがわかります。

複数の会社に見積もり依頼をすれば、ライバル意識を持って頑張ってくれるというメリットもあります。

参考記事

複数のリフォーム業者に、相見積りを依頼する時のポイント

リフォームの現場調査は大事な作業。事前の現場調査次第で、プランも見積もりも変わる

現場調査を行って住まいの状態を確認

「現場調査」という言葉は聞き慣れないと思いますが、業界ではこれを縮めて「ゲンチョー」とも言っています。簡単に言うと、リフォームする住まいの状態を事前に調べること。ですから、リフォーム会社が「これからゲンチョーに伺います」と言ってきたら、家の中をいろいろと調べられるのだと覚えておきましょう。

この現場調査は非常に重要な作業です。部屋の大きさや設備のサイズが施工時の図面どおりとは限りません。そこで、まず必要な部分の採寸を行って確認します。さらに、給排水管の状況がどうなっているのか、床下や壁下地がどうなっているのか、構造材の劣化や断熱の状態も天井裏などからわかる場合は調べます。

こうした現場調査をていねいに行って、さらに要望をじっくり聞いてから、プランニングと見積もりを行うのが正しいやり方です。

耐震補強を行う場合はより念入りな調査になる

一戸建て住宅で、耐震補強もしっかりやって欲しいと望んでいる場合は、さらにいろいろな機材を用いて念入りに耐震診断を行います。例えば、柱の垂直や床の水平を調べたり、基礎に鉄筋が入っているかなどを特別な機器で調べたりします。構造材の状況を調べるために天井裏や床下にもぐりこむのは、かなり大変な作業です。

そうして得られた診断結果を分析して、どのような耐震補強が必要かを導きだし、補強のための設計を行います。診断書や設計図と同時に見積書が出されます。

耐震補強は、このようなプロセスで行うのが正しい形。したがって「無料診断を行います」と言って、ざっと見ただけですぐに「これこれの工事が必要だ」と言ってくるような業者の話には、決して乗ってはいけないということです。

相見積もりでの注意点

相見積りは必ず同じ条件で依頼する

複数の会社から見積もりを取ることを「相見積もり」と言います。それぞれの見積もりを比較検討するのが目的ですから、各社に対して閉じ条件で依頼しなければ無意味になります。

予算についても、およそいくらまで可能であるかを正直に伝えます。予算をあいまいにしておくと、リフォーム会社のほうでもどの程度のグレードにしてよいのかわかりません。

また、見積もりを取る会社を選ぶときは、同じようなタイプの会社だけでなく、大手と中小、あるいは建設会社系や設備工事系など、バランスを取って依頼します。担当者の応対やプラン・見積もり内容にもそれぞれの個性が出てきます。

リフォーム業者から提出された、見積書の比べ方

まずは工事内容と使用材料を比べる

見積書が上がってくると、つい工事費総額に目が行きがちです。しかし、リフォームというのは、さまざまな工事の積み重ねですから、総額だけを比べてもあまり意味がありません。

例えば、他社より安いからといっても、使う材料や設備がグレードの低いものだったら意味がありません。また、工事の内容そのものが遣っていたら総額を比べるのは無意味です。

まずは、工事の内容と材料をじっくり比較検討することから始めましょう。総額を比較するのはその後です。

どこまでリフォームをするのか、工事範囲を確認する

工事内容を確認するためには、最初にプランのチェックをします。図面を見て、まずリフォーム工事の範囲を調べましょう。つまり、どこからどこまで工事をするのかということ。希望どおりになっていれば及第点。会社によっては、希望していないところの工事も提案してくる場合もあります。十分に説明を聞いて、納得できれば工事範囲を広げるのもアリです。

どの部分を工事するのか?工事内容を確認する

次に、どのような工事を行うのかを図面から読み取ったり、わからないところを担当者に聞いたりします。

同じ対面式キッチンでもタイプはいろいろです。L字型だったり、アイランドキッチンになっていたりする場合もあります。また、フローリングは既存の床材をはがして張り替えるのか、既存の床に上張りするのかという違いもあります。一般的に上張りのほうが工事が簡単で安くなります。

材料の違いは、見積もりの明細をよく見て比べましょう

業者によって、リフォームの見積もり内容が違う理由

リフォーム工事で使う材料や、設備のグレードが違えば工事費用も変わる

同じ条件と要望で見積もりを依頼したのに、出てきた見積もりが会社によって異なるのはなぜか?それは、それぞれの会社によって、要望に対する回答(プラン)が異なるからです。

工事内容や使う材料が違えば、当然金額も違ってきます。例えば、ある会社は材料を普及品でまとめ、必要最小限の工事に抑えて費用を安くします。ふだんから安い費用で請け負うことをアピールしている会社だからです。

別の会社は、スタイリッシユな空間になるようにインテリアに凝ったり、材料のグレードを上げたりします。多少予算を超えても、センスのある空間を作れることを会社の特徴にしているのです。

少し極端な例を挙げましたが、リフォーム費用は使う材料や設備のグレードによって変わるのです。グレードを上げれば品質や機能、見栄えなどがアップしますが、当然のごとく金額も高くなります。

リフォームの施工にかかる手間の遣いも費用に影響

費用に影響するのは、材料費だけではありません。もう一つの大きな要素が施工費です。

施工費は、プランの内容と工期に大きく左右されます。施工費はイコール人件費ですから、凝った手間のかかるプランは、それだけ工期も長くなり、人件費もかさみます。

例えば、書棚を追加したとします。その費用は、棚板など材料費にプラス施工費が計上されます。このときに安い材料を使ったとしても施工費は変わりません(見積もりには、材料費と施工費が分けて記載されるとは限りません)。ですから、手間のかからないシンプルなプランで、工期が短いほど施工費は安くなります。

リフォーム費用は、材料費にプラスして施工する人の人件費で成り立っていることを理解しておきましょう。

業者が違うと、リフォームの見積もり額も変わってくる

築年数・施工業者が違えば、家に設備しているのメーカーや年式も全く違ってきます。それによって、たとえば【「キッチン水栓交換」は○○円】と、はっきり言い切れません。また、リフォーム業者によっても見積もり費用、請求額は変わってきます。

まずいくらかかるのか? 複数社から見積もりをとって、比較することをおすすめします。

自分で探して、見積もり依頼するのは大変ですが、今はネットを使えば簡単に複数社から見積もりを取ることができます。

複数の【地元優良リフォーム会社】から、 一括見積もり

リフォームで大切なことは、家の問題を解決する専門家のアドバイス。それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元のリフォーム会社まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 複数のリフォーム業者 から、【リフォームプラン 】と【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数のリフォーム専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良リフォーム会社から、無料でリフォームの【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の工務店まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト