複数のリフォーム業者に、相見積りをとる時に「注意すべきこと」&「してはいけないこと」

 

複数の業者に「相見積もり」をとらなければいけない理由

リフォームをする時、1つの会社に依頼して、その会社から見積もりを受けた後、そのままリフォーム工事をする方が多いのではないでしょうか?

リフォームの見積もりを1社しか取らないケースは、せっかくのリフォームが失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

なぜなら、リフォームは同じ工事内容でも、依頼するリフォーム会社によって見積もり額は大きく違がってくるからです。 理由は、会社の規模によって、住宅機器の仕入れ価格が違ってきたり、使用する材料のグレードや、工程、経費などの取り扱いが違い見積もり額が変わってきます。

リフォームのような高額な金額だと、数十万円~百万円程度も違うことがあるので注意が必要です。

リフォームの相見積もりを取る時に注意すべき6つのポイント

相見積もりをとる業者は3社で充分

相見積もりを取る際は、あまり多くの会社に依頼しないで、3社程度がベストです。あまり多いと会社とのやりとりに時間がかかりますし、比較するのも煩雑になってしまいます。

見積もりをとった業者とは、現地調査や打ち合わせが必要です。多くの業者に相見積もりを依頼すると、依頼する側にも時間とコストがかかります。相見積もりの数が多すぎると、提案された内容の比較に時間がかかったり、最悪なパターンとしては混乱してしまう恐れもあります。

3社の相見積もりがあれば、リフォーム費用の相場も分かり、詳しく比較する余裕も生まれて、業者とも深くやりとりができるようになります

相見積もりをとるリフォームの内容は、条件を同じにする

リフォームで相見積もりを依頼する際は、使用する住宅機器のグレードや、リフォームの条件を同じにして依頼します。

見積もりの条件が違うと、工事の内容や、使用する材料の違いにより「見積り費用」が変わって、他の会社の見積もりの内容と比較できなくなってしまいます

キッチンの交換リフォームだとしたら、「LIXILの標準的なグレードの『アレスタ』という商品名のキッチンを使いたい」と具体的に設備と建材の条件を同じにるすことが大切です。

同じメーカーのキッチンだとしても、高価格帯か、中価格帯か、低価格かグレードによって見積もり額は大きく違ってきますし、材質、塗装の有無や種類の違いも金額に開きがでる要因なのです。

「一式 ○○○円」と詳細が分からない業者は敬遠する

「一式 ○○○円」と見積もり書に記載されてたら、注意しましょう。見積もり内容が「一式」だと、数量や単価が分らないので、比較ができません。「一式」の項目が多い業者は、工事内容が細かく計画されておらず、正しい積算ができていない可能性があります。

工事一式としか記載がない場合は、項目に分けて出し直してもらいましょう。

ただ、見積もりの出し直しやリフォーム業者とのやりとりが煩雑になるのが面倒な場合は、そのような業者は避けてもいいでしょう。

何にどれくらいの費用がかかるのか、詳細を最初から出してくれる会社を選びましょう。

リフォーム会社とは必ず、直接に打ち合わせをする

見積もりをとった会社とは、直接会って対話をすることも大事です。見積もりの金額だけを見て決めると失敗することがあります。

複数社の見積もりを比較していく上で、明細内容が分からないことが出てきますので、気になることは、見積書を『指差し確認』しながら質問しましょう。打ち合わせに来る業者の人は、リフォーム・建築のプロなので、不明な点を聞けるいい機会です。

直接の対話により、会社の提案力や技術、コミュニケーション能力を知ることができます。また、親切な業者か、誠意があるか知れる重要な場面でもあります。

リフォーム工事は、施主と業者の相性も大切です。リフォームは住みながら施工することも多いので、スムーズにコミュニケーションができるかどうか事前に確かめておきましょう。

リフォームの相見積もりを取る時にしてはいけないこと

他の会社の見積もりを見せて値下げ交渉することはNG

他の会社の見積もりを見せることは、マナー違反になります。「見積もり書」はその会社の施工計画、ノウハウが詰め込まれたものです。それを見せることは、信頼関係が壊れてしまう恐れもあります。

リフォーム業者は、施工主である「お客さま」と1対1で向き合っているので、依頼する側も、他の業者の見積もり書を持ち出さないずに対応しましょう。

リフォーム内容を何回も変更する

見積もりをとった後に、リフォーム内容を変更して、何度も見積もりを取り直すこともマナー違反になります。「一式」の詳細を取り直すことや、1度の変更ならばいいですが、2度3度の変更はやめておいた方がいいです。

見積もりも、相応のコストがかかっていますので、契約できない場合は無駄になってしまいます。見積もりは無料だからと言って、何度も変更することはやめましょう。

リフォーム相見積もりの正しい『断り方』

相見積もりをとる場合は、1社としか契約しないので、他の会社は断ることになります。

他者への気使いがある人は、「断ったら相手に悪いな」と考えがちですが、相手も100%契約できるとは思ってないですし、当然断られることも想定済みですので、普通に断って大丈夫です。

とは言え、わざわさ、こちらから「今回の見積もりはなかったことに」と連絡を入れるのも気が引けます。

相見積もりを比較した結果、正式にリフォーム会社に依頼した後に、他の会社から「見積もりの件は」と連絡が来た際には、きちんと断りの返事をしましょう。

その際は、

  • 「見積もり頂きまして、ありがとうございました」という感謝の気持ち
  • 見積もりの価格、提案してくれた施工案について、どこが納得いかなかったか
  • 「今後、リフォームの件で何かあったらまたお願いします」という今後のこと

上記の3点を正直に話せば、相手も不快な思いをせず、スムーズに断わることができます。

連絡が来ても『ずっと無視する』などは、信頼関係が破綻する最悪の断り方になるので、きちんと理由を説明することが最低限の礼儀です。

業者が違うと、リフォームの見積もり額も変わってくる

リフォーム業者によっても見積もり費用、請求額は変わってきます。

まずいくらかかるのか? 複数社から見積もりをとって、比較することをおすすめします。

インターネットのない昔は、複数のリフォーム会社に自分で連絡を取り、見積もりを依頼する必要があったので大変でした。

最近では、インターネットから無料でリフォームの相談・見積もりをしてくれる一括見積もりサイトあります。

複数の専門家のアドバイスが聞けるので、問い合わせしてみる価値はあります。

複数のリフォーム会社から【リフォームプラン・見積もり】を、比較できる「一括見積もり」

リフォームで大切なことは、家の問題を解決する専門家のアドバイス。それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元のリフォーム会社まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 複数のリフォーム業者 から、【リフォームプラン 】と【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数のリフォーム専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良リフォーム会社から、無料でリフォームの【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の工務店まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト

完全無料!
複数社の見積もり比較/
タウンライフ記事下広告

リフォームを依頼しなくてもいい?
見積もりが来ても、正式にリフォーム工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社の見積もりを取り寄せてみましょう。
優良リフォーム業者300社が登録
登録企業
タウンライフ公式バナー
「最大5社のリフォーム見積もり」を徹底比較。
「最安値」「最適」な業者をリショップナビで選ぶ。

リショップナビでは、加盟している1500社から【最大5社まで】一括見積りが無料でできる。国内最大級のリフォーム見積もり一括サイト。 希望するリフォームの詳細を電話でヒアリングしてくれるので、リフォーム会社と施工主とのマッチング精度が高い。不安な点や疑問点なども相談可能。

紹介される業者は、すべて「安心リフォーム保証制度」に加入している会社。万が一リフォーム中に工事ミスがあっても、工事瑕疵の損害を保証する制度があり。

リショップナビの特徴
  • 「業者に丸投げ」ではなく、リショップナビが最後まで、最適なリフォーム会社が見つかるまでしっかりサポート
  • 口コミや施工事例、地域の加盟施工会社をWEBサイトで公開している
  • 安心リフォーム保証制度へ加入している業者の紹介
  • リフォーム会社へのお断り代行をしてくれる

⇒ リショップナビ公式サイト

完全無料!
最大5社の見積もり比較/
リショップナビ記事下広告
リフォームを依頼しなくてもいい?
見積もりが来ても、正式にリフォーム工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社から見積もりを取り寄せてみましょう。リショップナビでは、リフォーム会社へのお断り代行をしてくれます。
リショップナビ公式バナー
参考記事
【キッチンリフォーム見積もり】格安30万円台後半からシステムキッチンを交換する6つのコツ
【お風呂の格安リフォーム】総費用30万円台後半~、ユニットバスを超お得に交換する『5つのコツ』
リフォームで「相見積り」をとった際、複数の見積書を比較する時の注意点