不動産の査定と売却のコツ 家を高く売るために

リフォームって何?増築や改築とどこが違うの?

実際、住まいや建築に関して間違った知識をもっていたり、思い違いをしている人は案外、多いものです。「リフォーム」や「増改築」も簡単そうで、その実、意外にややこしい言葉かもしれません。

「増改築」といえば、手狭になった家に一部屋つけたしたり、平屋だった家に二階を乗せるといった、ちょっと大がかりな工事。一方、「リフォーム」なら、キッチンのシステムを入れ替えてグレードアップするなどの手軽な工事、が代表的なイメージでしょうか。中には、リビングルlムの壁紙を取り替えただげで「リフォーム」だと思っている人もいるようです。

壁紙を交換するのはリフォームではありません。それは、家具の位置を動かしたり、カーテンを取り替えたりするのと同じで「模様替え」なのです。

厳密な定義があるわけではありませんが、一般に建物の構造や本体をいじることなく、見た目の変化や気分転換をはかるのが模様替え、そのちょっと規模の大きいものを「改造」すなわち「リフォーム」、そして規模や構造までいじることを「増改築」と考えればよいでしょう。

ところで、ひじように誤解されやすい言葉のひとつが「改築」です。「改築」イコール「増改築」のことだと思い込んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

正確に言えば、改築とはコ克の建物と同じ場所に、同じものを建て直す」こと。違う家を建てるなら、法的には改築ではなく「新築」です。「新築」は、かならずしも新しく土地を買って、家を建てることではないわ砂です。

「増築」は、今の家に建て増すことです。なお、柱壁をあまりいじらず、古い壁をはがして内装を変えたり、部屋の間取りを変えたり、外壁を塗り替えたりする工事を「改装」または「新装」と呼ぶことがありますが、これは主にピルや商庄の場合の用語です。「増改築」と「リフォーム」はどこが違うのでしょう。

結論的には、同じです。リフォームには、新しい部屋を建て増すなどの増築も含まれますし、壁を新しくしたり、聞取りゃ設備を変える工事も含まれます。二戸建てなら、建物本体の骨組みにまで手を加えるのが普通です。

マンションの場合は、増築したり骨組みを変えることはできませんが、通常、戸内の壁の移動は可能です。

地元の優良リフォーム会社から3つのリフォーム提案が届く

リフォームで大切なことは、家の問題を解決する専門家のアドバイス。それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンリフォームでは、 信頼できるリフォーム業者の3社の、 リフォームプラン見積りを比較して選べます。

⇒ タウンライフリフォーム

優良リフォーム業者300社が登録