複数の見積もりで相場を確認して一番高く売る

不動産業者の売却募集チラシを信用してはいけない

不動産業者の投函チラシの内容は本当なのか?

自宅のポストによく不動産屋のチラシが入っていることがあります。

  • ○○市○○町2丁目で不動産を探しています。条件が良ければ相場よりも高くても購入します
  • この地域限定で探しているお客様がいます。4LDK戸建て築15年 ○○千万円で購入します

このようなキャッチフレーズで見出しを付けています。

マンションチラシ

この手の不動産チラシは手作り風で具体的な点も特徴です。不動産の売却を考えている人が、その不動産会社に問い合わせをしたら、どういう対応をされるのでしょうか?

そして、そのチラシに書いてある「◯◯丁目の物件を買いたい」というお客様は本当に存在しているのでしょうか?

実際の問い合わせした時の不動産会社の対応は、

  • 「そのお客様は他で決まっちゃいました。でも他にお客様がいるので紹介します」

と言われるのが大半で、チラシに書いてある“お客様”はいないことがほとんどです。

実は、その会社の本部などがチラシの原案を作成していて、本当はそんな都合の良い買主さんなんて存在していないことがほとんどです。

具体例も、もっともらしくに書いてあるように見えますが、ほとんどが架空の物件と設定情報と考えていいです。

『売却したい家の査定額』を無料で徹底比較

「低コストの宣伝費で物件を買う」という不動産業者の戦略にだまされないために

実際賃貸マンションの集合ポストに同様のチラシが投げ込まれている場合もあります。

受け取った賃貸住宅に住んでる人は、物件売却募集のチラシを入れても意味がありません。ではなぜ不動産業者は、コストをかけてこのようなチラシを作り、賃貸マンションへもポスト投函するのでしょうか?

漠然と住み替えを考えている世帯を掘り起こすためです。「ヘタな鉄砲数撃ちゃ当たる」という言い回しがありますが、ポスティングを続けていれば、売りに出そうと思っている世帯にもぶつかります。

どこの業者に売却依頼を出すか考えている世帯や、売りに出しているお客を取り込むためです。

「軽い気持ちででっちのマンション今いくらぐらいなんだろう」なんて思って、その不動産会社に電話をしても、適正価格も教えてくれませんし、その会社の売却見込み客という顧客リストに登録されるだけなのです。

不動産仲介は、お客様に物件を売ることだけが仕事ではありません。売るための物件を確保しなければ、売り買いのマッチング業務ができません。常に売り物件と買主を探しているのです。買主はチラシやインターネットなどで容易に探すことができます。

特に物件情報誌や検索サイトなどに良い物件を掲載していれば、簡単に買主や購入見込み客は見つかります。しかしながら、不動産会社からすれば、売主を探すのは、売主を求める専門の情報誌もなければ、インターネットのポータルサイトもないのです。

漠然と会社のイメージを上げる広告を使ったり、CMを使ったりして結構金と労力を使います。そのため、このような手段を用いて売り物件を探すのです。不動産売却の第一歩は、買うときと違って物件を特定していないので、不動産会社選定から始めるのです。TVのCMなど莫大な宣伝費を使うよりも安くて効果的な手法を使っているだけなのです。

不動産売却のチラシで不動産会社の見込み客にされるよりも、インターネットで不動産の一括査定できるサービスを使うと、複数の不動産会社の査定額を一度に比較できるので、こちらの方が賢い査定・売却方法と言えます。

この場合、机上査定と言われる査定方法で、不動産会社が実際に部屋を見ずに、だいたいの査定価格を出してくれます。具体的に売却を検討していない場合でも、おおよその価格を知りたいだけであれば、この方法で十分です。一般的には、査定書のような形で査定価格とその根拠を教えてくれます。

『売却したい家の査定額』を無料で徹底比較

家の査定金額は不動産会社によって数百万円の違いが出ます。

大手から地場の不動産会社が参加する イエイ。提携している不動産会社は全国1000社以上。最大6社から無料で査定してもらい、相見積り比較することが可能。

1社のみに査定を依頼して売却を進めることがありますが不動産会社によって査定額はまちまち複数社の査定を行うことは必須です。

日本全国対応 簡単入力60秒!不動産売却に関する疑問やお悩み相談を24時間年中無休サポートデスクで対応可能

⇒ 無料一括査定 イエイはこちら

提携1000社不動産会社の中から、最大6社の査定額が届く