家の〈売却査定依頼〉から、〈売却活動開始〉まで絶対押さえるべきところ

不動産売却の流れで売り主が絶対見落とせない、重要なこと

不動産の売却の仕方はは分かりにくいです。一般の人ですと、一生に1度か2度あるかないかの経験になるかと思います。

不動産は、売りにだせば、すぐに売れる商品ではありません。また、間違った売り方をすると、売れ残り物件いなってしまい、不当な価格で売られてしまうこともあります。

大事な家を売る時に、売り主が最低限しなくてはいけないことをご説明します。

①不動産屋に「売却相談」と「査定依頼」をする

今は、インターネットを使って、売却相談・査定依頼もできるので、比較的手軽にできるようになりました。

重要なポイントは以下の3点です。

売却が得意な不動産屋を選ぶ

不動産屋をどう選ぶかは非常に重要です。

一括に不動産屋と言っても、・管理が得意・賃貸が得意・購入の手助けが得意、売却・購入どちらも得意というように、不動産屋の中にも、色々なジャンルが違ってきます。

ですので、売却相談・査定依頼をするのであれば、売却が得意な不動産屋かどうかを見極めるのがポイント重要です。

不動産屋

不動産会社の担当者の対応を見定める

売却相談する不動産屋が決まったとして、そこで現れる「担当者」をちゃんと見定めることもも重要になってきます。

明らかに頼りない人だったり、話していて信用のおけない人も中にはいると思います。

担当者

不動産売却の実績・知識・経験などに違和感があれば査定依頼をしない

担当者に違和感があった場合は、査定依頼をすることなく、帰って来たほうがいいです。

後日営業の連絡などが面倒になるので、できれば、連絡先なども教えずに帰ってきた方が良いかと思います。

というのも、担当者と売り主の信頼関係がなければ、不動産の売却を最後までやっていくことは、なかなか難しいことです。

後で後悔をしてしまう取引になってしまうこともあるので、最初の時点で信頼のおけるひとでなければ、頼まないとうことも重要です。

②査定価格を元に「売り出し開始価格」を決める

信頼できる不動産屋・担当者が見つかったら、査定依頼をし、金額を出してもらいます。

出てきた査定価格を元に、売出し開始価格を決定します。
ここの「売出し開始価格」も重要になっています。

注意したい点は以下の3つです。

高すぎる「売り出し開始価格」は失敗のもと!

最初に高く売却価格をだそうとすると、相場を度外視した高値を付けてしまうと、市場から無視をされてしまいます。3ヶ月、。半年、1年と売れない物件になってしまうことが非常に多いので注意が必要です。

家の売却決定ごは、客観的に買い主の気持ちになる

家族で住んでいた愛着のある家を売るとなると、客観的に価格をつけるのが難しいところがあります。

長年住んでいれば、その家の良さも知っているので、高く売りたいという気持ちは分かりますが、あくまでも相場を冷静に判断して値付けをしないと、最初の売出しで失敗してしまうことになりますので慎重に価格を決めましょう。

インターネットで、売却物件の市場価格を確認してみる

最低限やっておきたいのは、自分から相場価格を調べてみることです。

家を売る近くの物件は大体どのくらいの坪単価で売られているのかや、マンションであれば、近隣の同じくらいの間取り・築年数でいくらくらいで売られているのかを勉強するだけでも、その後の取引が全然違ってくると思います。

信用できない業者も中にはいるので、不当な価格で売られないようにするためにも相場を知っておきましょう。

③媒介契約を締結する

媒介契約とは、売り主と仲介業者との間で結ばれる契約です。この契約をもって、売り出し開始になります。

価格、担当の営業者、販売方法に納得したうえで締結する

媒介契約を結ぶ際は、改めて価格や、営業マンの評価、売り出し方法(チラシ・インターネットへの露出など)を今一度確認して、納得したうえで契約しましょう。

売却活動をスタートする

売却する家は、商品であるという意識を持つ

売却活動を始めると、家はお客さまに見てもらう「商品」となりますので、商品であるという意識をもちましょう。

お客様を迎える準備をする

室内の片付け、不要物の撤去、草むしりなどを済ませる

商品である家には、お客さまが内覧に来られますので、少しでも見栄えがよくなるように、室内には不要なものがないようにしておきます。

戸建ての庭がある家は、草がぼうぼうに生えていては、売りにくくなります。ある程度の草は狩っておきましょう。

④売り出し開始後は、お客様待ち

売り出し開始後は、不動産会社の担当者にいいお客さんを連れてきてもらい、買い主が見つかれば売買契約をし、売却完了になります。

【売りたい家】の『査定額』がすぐ分かる
大手から地元不動産会社まで最大6社査定額徹底比較

不動産一括査定なら無料で査定額が分かります。たった1分程の入力でカンタンに依頼が可能。

不動産の査定依頼を1社のみで進めるケースがありますが、実際の査定額は不動産会社によってまちまち。

300~500万円、それ以上違うことも普通。複数社の査定を行うことは必須です。

  • 不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」
提携1000社不動産会社の中から、最大6社の査定額が届く

家の売値相場を知るうえでも、複数社への一括査定は最適です。