親から相続した家が空き家になったら場合―維持管理から売却まで



親が亡くなって相続した家の管理をどうするか

親や祖父母が亡くなって、誰もすまなくなった実家の管理はどうしたらいいでしょうか?

維持管理にかかるコストと手聞をどれだけ許容できるかにもよりますが、空き家になった家は、将来的に誰も住む可能性がないなら、なるべく早く売ったほうがいいでしょう。

空き家を管理するには手聞がかかります。例えば、水を流さずに1カ月も経つと、排水のにおいが上がってきて家中が臭くなってしまいます。自宅からその空き家が近いならまだしも、離れているのなら、通うだけでも一苦労です。

空き家管理の維持費はの問題

空き家を管理してくれるサービスもありますが、当然費用がかかります。特に木造住宅は人が住まなくなると傷みが早いのです。木は湿気に弱いので、こまめに空気の入れ換えをしないと、半年もしたらゆがみが出てきて、扉の立て付けが悪くなったりします。

管理を怠ればあっという聞に老朽化が進み、建物は傷み、見た目もみすぼらしくなってしまうのです。

「特定空き家」に認定されると固定資産税が最大6倍に

危険で景観を損ねる空き家として「特定空き家」に認定されてしまうと、固定資産税が最大で6倍に跳ね上がります

売るまでの期間としては、空き家になってから3年以内が一つの目安となります。なぜ3年かというと、税法上の特典が使えるのが3年間だからです。

家を売った売却益にかかる譲渡所得税

住宅を売った時に売却益が発生すると、譲渡所得税がかかってきます。しかし、人が住まなくなってから3年以内に居住用財産を売った時には、売却益のうち3000万円までは課税されないという特例があるからです。

正確には、空き家になってから3年経った年の12月31日までに売却すればこの特例は受けられることになります。

ただし、これは居住用財産(マイホーム)に限ります。つまり、親が生きている聞に空き家になった家を3年以内に売却すれば、3000万円以内の売却益までなら親に譲渡所得税の支払い負担はないということです。

親から相続した空き家の場合には、居住用財産ではないのでこの特例はあてはまりません。所有者として居住していた期聞がないと、この特例はあてはまらないことになります。

また、どうせ空き家なのだからと更地にしてしまうと、家の取り壊し日から1年以内に売買の契約を結ばなければならず、この特例を受けづらくなり、固定資産税も高額になるので要注意です。

不動産の売却は、相場を知るためにも一括査定で、相見積りを。売却価格は、取引する会社によって数百万円の違いが出ます。

⇒ マンション・戸建て・空き家・土地の一括査定依頼が最短60秒で完了 » 不動産机上(簡易)無料査定

大手から地場の不動産会社が参加する イエイ。不動産の売却価格を提携している全国1000社以上の中から最大6社から比較・相見積り無料で受け取ることが可能。

1社のみに査定を依頼して売却を進めることがありますが不動産会社によって査定額はまちまちなので、複数社の査定を行うことは必須です。

イエイの特徴
  • イエローカード制度があり、悪徳不動産会社が徹底排除されている
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート

査定できる不動産会社は提携1000社の中から最大6社