今すぐ売却した方がいい「家」 4つの要素

今すぐ手放すべき戸建ての4つの要素 ①旧耐震基準の戸建て まずは旧耐震基準の戸建てです。 耐震基準については前節で説明しましたが、マンションと同様に、新耐震基準(1981年6月1日)より前に建築確認を受けて建てられた戸建…

「住んでいる家の売却」と「新居の購入」を同時進行する流れ

家の買い替えを完了するまでの4つのステージ 住んでいる家の買い換えをどこから着手するかはさまざまです。 まず購入物件を探し、それをきっかけにして本格的に自宅の売却を仲介会社に依頼する方法があります。 また、自宅を確実に売…

初めて不動産売却をする人が知っておきたい5つのステップ

不動産の売却経験をもたない人のために、実家を売るときの手順を簡単に解説します。 不動産を売却するためには、おおむね次の5つのステップがあります。 1. 複数の不動産会社に査定を求める 家の売却は不動産会社に査定をしてもら…

不動産の取引には、売主・貸主、代理、媒介の3種類ある

不動産の3種類の取引態様 不動産チラシ広告の「取引態様」欄は必す確認する! 不動産チラシやインターネット物件情報に記載されている、物件概要に「取引態様」という欄があります。ここには「売主・貸主、代理、媒介」のいずれかが書…

不動産の価格査定方法は、実勢価格と時価で決まる

不動産の価格査定方法 不動産の価格査定の方法は机上査定と、訪問査定があります。  机上査定(必要最低限の情報のみで査定しますので、短時同で試算できますが、概算の数字となります)と訪問査定(お客様より出来る限りの資料をいた…

築30年以上の古い家をより高く、すぐに売却するノウハウ

不動産会社2-3社に査定を依頼して1社を選ぶ 家を売ると決めたら、不動産会社に連絡して査定を依頼します。その際、依頼する不動産会社は複数にするべきでしょう。 不動産会社は三者三様なので、それぞれの会社がそれぞれの視点で査…

親から相続した家が空き家になったら場合―維持管理から売却まで

親が亡くなって相続した家の管理をどうするか 親や祖父母が亡くなって、誰もすまなくなった実家の管理はどうしたらいいでしょうか? 維持管理にかかるコストと手聞をどれだけ許容できるかにもよりますが、空き家になった家は、将来的に…

不動産売却時の悪習に注意!両手取引・囲い込み・値こなしとは

実はこう思っている、不動産業者の本音 不動産業者も一つのビジネスとして動いていますから、もちろん利益を上げることを優先的に考えているのは当然のことです。その点をまず頭に入れておかないと、せっかくの良質な不動産物件を期待で…

相続により所有者が増えてしまった不動産はどうするべきか

相続により所有者が増えてしまった不動産はどうするべきか 土地と建物が一つの不動産として存在しているのにも関わらず、その所有者は一人ではないという状態は、共同ビルのような不動産にはよくあることです。しかし土地のみ、建物のみ…

家を売らないで、賃貸にするメリットとリスク

家を売らないで、賃貸にするメリット 家賃収入と節税効果不動産を売却せずに、賃貸に出すことを考える人は多くいます。しかしそのような人のほとんどは、賃貸のメリットばかり見てしまい、リスクについてあまり考えていません。賃貸に出…
1 / 212