田舎の実家を相続した場合の空き家対策

実家

地方の空き家はどうすればいい?

親が高齢になると、将来、親の住む実家をどうするかという問題が身近になってきます。親と同居している人なら、親が亡くなっても、相続してそのまま住み続けるでしょう。しかし、マイホームをすでに所有し、親とは別に暮らしている人にとっては、悩みどころとなっています。

とりあえず、実家を維持するケースも

実家が都市部にある場合は、不動産の価値が高いため、売却や資産の組み換えなどの活用方法が考えられます。

地方にある場合は、定年後にマイホームを売却して、長年離れていた実家に戻るのでしょうか。自分はそうしたいと思っても、配偶者や子どもたちは一緒についてきてくれるとは限りません。ひとりっ子同士が結婚している場合は、それぞれの実家に戻るという方法は、現実的ではないでしょう。

とりあえず、ときどき実家に帰っては、空き家になった家を掃除したり、庭の草取りや郵便物の回収などをしている人も多いのではないでしようか。

今そういった、住む人がいなくなった空き家が、増えている現実があります。

全国的に空き家は増加している

5年おきに調査している総務省の統計では、空き家は確実に増えています。2008年の調査では、空き家は757万戸と、前回の調査から98万戸も増加。住宅7戸のうちl1戸が空き家という状態です。

この調査の「空き家」には、賃貸用の住宅が全体の約半数を占めていますが、その次に多いのが「その他の住宅」。利用方法が決まらないまま、現在空き家となっている住宅などがこれにあたり、相続などで引き継いだ実家も多数含まれていると思われます。

いちばん空き家率の高いのは山梨県で20%以上。長野、和歌山、鳥取、四国4県などが15%以上にのぼり、人口の減少がすすむ地方ほど空き家率が高くなる傾向があります。

空き家グラフ

空き家のままでは近所迷惑になることも

実家が空き家で、家の手入れのために遠方より帰省すると、帰省のたびに交通貨がかかります。人は住んでいなくても毎年固定資産税の支払いが必要で、維持費もかかります。

誰も住まなくなって手入れができないと、樹木の枝、か隣の家にはみ出たり、庭が荒れてゴミなどを不法投棄されるなどで、近隣に迷惑をかける恐れもあります。

築何十年といった古い家は、屋根や外壁の落下、火災発生の恐れなど、防災面でも不安が残るケースも。なかには地震で倒壊の危険のある住宅もあるでしょう。

今や、身近な土地問題の1位が「空きで、次に「老朽化した建物家問題」の密集等、災害時の不安が高い」と考える人が多くなっています。事故が起きて、近隣に被害が及んでしまったら、賠償責任を抱えることになりかねません。

管理ができない空き家は売却するのが一番賢い選択

活用の予定がない家を相続した場合、売却するか、賃貸にするか、解体するかの選択になります。

どの選択がよいのでしょうか?一番手離れがよく、利益が残るのは空き家が老朽化してしまわないうちに売却してしまうことです。

空き家を賃貸にする場合

都会の空き家ならば、ある程度水回りなどリフォームしてすれば、地域によっては高額の家賃も見込めるかもしれません。しかし、田舎の空き家ですと、まず借りてを探すのも大変です。

もし借り手が見つかったとしても、大家として管理しなければいけませんので、修繕管理の費用はかかりますし、その手間に見合った家賃が見込まれるとは思われません。

空き家を解体する場合

家屋を解体するとなると、まとまった費用が必要です。また、建物がなくなり更地になると建物の固定資産税はかからなくなりますが、土地に対する固定資産税はアップします。

住宅が建っている土地には、通常の固定資産税額の6分の1になるという特例があるからです。

空き家を売るにはどうしたらいい?

売却の準備は家の査定額を把握すること

空き家査定

空き家の権利関係(共同名義がいるか)を確認しておく

空き家を売りに出す前に事前に調査や確認をしておきたいのが「権利関係」です。空き家が相続人の共有になっている場合は、共同名義人全員の同意が必要になります。

空き家の名義が共有になっていないか、もし共有になっていたら共同名義人に売却の同意を得ることを事前に確認しておきましょう。

空き家の売却を依頼する不動産会社の選定

不動産の売却は人生に1回あるかないかの経験だと思います。

信頼できる担当者、不動産会社を選ぶのがベストですが、初めて依頼した会社がどうかは分かりません。

1社に依頼して、そのまま契約する場合もありますが、査定は複数社に依頼するのが必須です。

複数の不動産会社の査定額を知ることは、より高く売却するに必要な手順です。

複数の不動産会社からの査定額を相見積りできる、不動産の一括査定サイトを利用してより高値で家を売却することをおすすめします。

また、色んな会社と接触する時に、不安な点や疑問点、要望を明確に伝え、どこまでこちらの意向を汲んでくれるかを見極めるのも大事です。

空き家がいくらで売れるか一括査定サイトを利用する

空き家をできるだけ高い価格で売却したい時は、不動産査定を調べるときに定番になりつつある「一括査定サイト」を利用して、複数の不動産会社の査定額を比較するのがベストです。

1社だけの不動産屋の査定額で決めてしまうのはやめましょう。家の売却は、不動産会社との信頼関係も大切です。

依頼する不動産会社が信頼できるか、複数の不動産会社との交渉をして、相手方に相応の知識と経験があるかを見極めましょう

空き家の『査定額』がすぐ分かる おすすめの無料一括査定サイト
イエイ
イエイ
利用者数 300万人
提携会社数 1,000社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 イエイ不動産売却査定

国内最多の300万人が利用している、不動産売却専門マッチングサイト。全国の1,000社以上の不動産会社の査定結果を即日に受け取れる。不動産の専門知識をもった専任スタッフが常駐しており、スムーズに売却できるようにサポート体制も充実している。

イエイの特徴
  • 専門知識を持った専任スタッフが大切な不動産を売却できるようサポート
  • 不動産会社へ取引しない旨を代わりに連絡する、“代行お断りサービス”あり
  • イエローカード制度があり、悪徳な不動産会社が排除されている

イエウール
イエイ
利用者数 1,000万人
提携会社数 1,400社以上
対応地域 全国
査定依頼数 最大6社
入力時間 最短60秒
運営会社 株式会社Speee

国内最大級の不動産一括査定サイト。提携数は全国1,200社。誰もが知る最大手から、地場に強い中小まで数多くの不動産会社の査定を受けることが可能。累計利用者は1000万人。最大6社から無料査定を受けられる。

イエウールの特徴
  • 提携しいる不動産業者が1500社と他社に比べて圧倒的に多い
  • 「大手」から「中堅」「地方」の不動産会社にネットワークがある。
  • 利用者数が1000万人と一括査定サイトの中での実績がある。

town life 不動産売却
イエイ
提携会社数 300社以上
対応地域 全国
入力時間 最短60秒
運営会社 town life

提携している不動産会社は300社と他社に比べ少ないが、地域に根ざした地元密着の不動産会社が多いので強み。登録会社は厳格な審査基準をクリアした不動産会社のみ。
初めての不動産売却の人が分からない細かいこともメールで相談に応じてくれる。

イエイの特徴
  • 信頼できる300社以上の不動産会社に不動産価格一括査定が可能
  • 簡単入力60秒で無料スピード依頼。オリジナルの不動産売却査定書が届く
  • 売却に関するお悩み・不安を「メール」「郵送」「FAX」好みの方法の相談できる。

合わせて読みたい記事

売れない田舎の実家を「空き家バンク」で売却する

参考記事

相続した実家をスムーズに売却するための手順と節税対策

【売りたい家】の売値相場『査定額』がすぐ分かる
大手から地元不動産会社まで最大6社査定額徹底比較

不動産一括査定なら無料で査定額が分かります。たった1分程の入力でカンタンに依頼が可能。

不動産の査定依頼を1社のみで進めるケースがありますが、実際の査定額は不動産会社によってまちまち。

300万~500万、それ以上違うことも普通。複数社の査定を行うことは必須です。

イエイの無料一括査定

  • 不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」
提携1000社不動産会社の中から、最大6社の査定額が届く

家の売値相場を知るうえでも、複数社への一括査定は最適です。